iPhone

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法【アプリを把握しよう】

悩む人
悩む人
iPhoneのバッテリー持ちが悪くて困っている。iPhoneのバッテリー持ちが悪い原因はなに?バッテリーを長持ちさせるにはどうしたらいいの?おすすめのモバイルバッテリーとかはある?

こういった疑問に答えます。

この記事で解説する「iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法」を実践すれば、今までより数時間長くiPhoneを使い続けられるようになります。

なぜなら僕も、この記事で解説する方法を実践することで、iPhoneのバッテリーを長く持たせることができているからです。

記事を読み終えていただければ、iPhoneのバッテリー消費が激しい原因が分かるので、じっくり読み込んでください。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるには?

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためには、まずバッテリー消費が激しくなる原因を確かめましょう。

なぜなら原因を知っておかないと、バッテリーを長持ちにする最適な方法が分からないからです。

実際に僕もiPhoneのバッテリー消費が激しいときは、原因を究明してから改善策を導き出すようにしています。

iPhoneのバッテリー消費が激しい原因を確かめて、それに対する改善策を考えるようにしましょう。

バッテリー消費の激しいアプリを把握しよう!

バッテリー消費が最も激しいのは、アプリを使うことです。

特にYouTubeのようなストリーミングアプリや、常にネットに接続するオンラインゲームアプリなどはバッテリー消費が激しいと言われています。

実際に僕も、どのアプリがどれだけバッテリーを消費しているのかを確かめてみたら、YouTubeとゲームアプリのバッテリー消費が1番多かったです。

ナマケモノ
ナマケモノ
人気のゲームアプリはだいたいバッテリー消費が激しいんだよね。。

バッテリー消費の激しいアプリを確認できたら、さっそくバッテリーを長持ちさせる方法を実践していきましょう。

各アプリのバッテリー消費を確かめる方法は、これから解説していきます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhoneなら、ちょっとした工夫をするだけで、バッテリー持ちを格段に良くすることができます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる具体的な方法は、以下の4つです。

  1. App毎のバッテリー使用状況を確認する
  2. 低電力モードをオンにする
  3. GPSとBluetoothをオフにする
  4. iPhoneの明るさを下げる

方法①:App毎のバッテリー使用状況を確認する

各アプリのバッテリー使用状況を確認しましょう。

なぜなら、アプリがどれだけバッテリーを消費しているのか確認することで、いろんな改善策を考えることができるからです。

アプリのバッテリー使用状況を確認する方法は、以下の通りです。

  1. 設定を開き『バッテリー』を選択する
  2. 『App毎のバッテリー使用状況』を確認する

バッテリー消費が激しいアプリを把握できたら、そのアプリをできるだけ使わないように気をつけましょう。

方法②:低電力モードをオンにする

iPhoneのコントロールセンターから「低電力モード」をオンにすれば、バッテリーを長持ちさせることができます。

なぜなら低電力モードは、もともiPhoneのバッテリーを長持ちさせるための機能であるからです。

実際に僕もiPhoneのバッテリー消費が激しいと感じたら、真っ先に低電力モードをオンにするようにしています。

ナマケモノ
ナマケモノ
充電スピードが速くなることも低電力モードのメリットだよな!

低電力モードをオンにすることには、バッテリーが長持ちするだけでなく、充電が早くなるというメリットがあります。

iPhoneのバッテリー消費が激しいと感じたら、まずは低電力モードをオンにしてみてください。

方法③:GPSとBluetoothをオフにする

GPSとBluetoothをオフにすれば、iPhoneのバッテリー持ちが格段に良くなります。

なぜならGPSやBluetoothをオンにしていると、常にiPhoneが通信している状態になるからです。

実際に僕もGPSを使うとバッテリー消費が激しくなるので、地図アプリなどを使わないときは、iPhoneのGPSをオフにしています。

カエルちゃん
カエルちゃん
バックグラウンドで通信するアプリを使うと、バッテリーの減りが早くなってしまうよ。。

GPSやBluetoothを絶対に使わないといったことは不可能なので、使わないときくらいはオフにしておくといいですよ。

方法④:iPhoneの明るさを下げる

iPhoneの明るさを下げれば、バッテリー持ちが少しだけ良くなります。

なぜなら、画面が明るいほど多くの電力を消費するので、iPhoneのバッテリー消費も激しくなるからです。

実際に僕は、画面が明るいほどバッテリー消費が激しくなるのを知っているので、明るさは常に下げるようにしています。

ナマケモノ
ナマケモノ
明るすぎても目が悪くなりそうだから暗くしておこう!

明るさの調整によってiPhoneのバッテリー持ちを少しだけ改善できるので、さっそく明るさを下げてみましょう。

iPhoneにおすすめのモバイルバッテリーは?

iPhoneのバッテリー持ちをどうしても改善できないのなら、モバイルバッテリーを持ち歩くようにしましょう。

最近発売されたiPhoneはバッテリー容量が大きくなっているので、モバイルバッテリーも大容量のものがおすすめです。

実際に僕も旅行に行くときは、25,000mAhの大容量モバイルバッテリーを持ち歩くようにしています。

モバイルバッテリー選びに迷っているなら、以下を参考にしてみてください。

まとめ:iPhoneを長く使い続けよう!

この記事で解説した「iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法」を実践すれば、今までより数時間長くiPhoneを使い続けられるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. App毎のバッテリー消費状況を確認する
  2. 低電力モードをオンにする
  3. GPSとBluetoothをオフにする
  4. iPhoneの明るさを下げる

上記の方法を実践すれば、iPhoneのバッテリー持ちが格段に良くなります。

バッテリー消費が激しいときは、この記事で紹介した方法を実践して、iPhoneのバッテリー持ちを良くしてみてください。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法を実践できたら、次はスマホを長持ちさせる方法を確認しましょう!具体的に学びたい方は「スマホを長持ちさせる方法|スマホの寿命はどれくらい?」にも目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です