iPhone

【iPhone】高校生のコントロールセンターはこうなっています。

悩む人
悩む人
iPhoneにコントロールセンターってあるけど、どんな機能があるの?コントロールセンターをカスタマイズする方法はある?iPhoneを使いやすくする最適なカスタマイズ方法を教えてほしいな。

こういった疑問に答えます。

この記事で解説する「iPhoneのコントロールセンターを最適化する方法」を実践すれば、日常的に使うiPhoneの使い勝手がさらに良くなります。

なぜなら僕も、コントロールセンターをうまくカスタマイズして活用することで、iPhoneを快適に使えるようになったからです。

記事を読み終えれば、コントロールセンターがどういった機能なのかを知ることができるので、じっくり読み込んでください。

iPhoneのコントロールセンターとは?

iPhoneの右上をスワイプ(8以前は下)することで表示される画面コントロールセンターといい、さまざまな機能が使えます。

iPhoneを使っている人なら、一度はコントロールセンターを使ったことがあるのではないでしょうか?

カエルちゃん
カエルちゃん
あるある!わたしも頻繁に使うよ!

またiPhoneを使っているのにコントロールセンターを使っていないという人は、もったいないので今すぐ使い始めましょう。

普段使っていて便利なコントロールセンターですが、実は設定で使える機能のカスタマイズを行うことができます。

僕も実際にコントロールセンターをカスタマイズして、自分に最適化されたコントロールセンターでiPhoneの使い勝手を良くしています。

コントロールセンターでiPhoneの使い勝手が良くなる!

コントロールセンターをうまく使えば、iPhoneの使い勝手が格段に良くなります。

なぜならコントロールセンターは、アプリを起動して特定機能を呼び出す手間を省くことができるからです。

実際に僕も、日常的にコントロールセンターを活用していて、タイマーを使うときに特定機能をそのまま呼び出すようにしています。

ナマケモノ
ナマケモノ
うまくカスタマイズすれば、コントロールセンターがもっと使いやすくなるよ!

先程説明したように、iPhoneのコントロールセンターは設定でカスタマイズすることができますので、最適な編集方法と具体的な設定手順をこれから解説していきますね。

コントロールセンターの最適な編集方法

iPhoneのコントロールセンターは編集することができるので、自分なりの最適なコントロールセンターを作るためにカスタマイズすることをおすすめします。

コントロールセンターをカスタマイズするときの重要な点は、以下の2つです。

  1. 機能の数を多くしすぎない
  2. 良く使う機能をコントロールセンターに割り当て

方法①:機能の数を多くしすぎない

編集するときに気をつけてほしいのは、機能の数を増やしすぎないことです。

コントロールセンターで使える機能はザッと19ほどで、それらの機能すべてをコントロールセンターに割り当てることができます。

しかし機能の数が多いと、コントロールセンターを表示して、さらにスクロールしないといけなくなるので手間がかかります。

実際に僕も、コントロールセンターが便利だということを知ってからすべての機能を割り当てたことがありましたが、機能を呼び出すまでに手間がかかり、逆に不便になってしまいました。

カエルちゃん
カエルちゃん
欲張るとだめなのね!

僕のような経験をしないためにも、コントロールセンターの機能は多くしすぎないようにしましょう!大体8つくらいの機能がおすすめです。

方法②:良く使う機能をコントロールセンターに割り当て

当然ですが、全く使わない機能をコントロールセンターに割り当てても、全然使わないので無意味です。

自分がよく使っていると思う機能を、コントロールセンターに割り当てるようにしましょう。

実際に僕は、コントロールセンターに計算機やタイマーを配置していて、自分が最もよく使う機能をそろえています。

よく使う機能は人によって異なりますが「低電力モード」だけは、必ず使えるようにしておいたほうがいいです。

ナマケモノ
ナマケモノ
人それぞれだけど、低電力モードだけは入れておいたほうがいいと思うよ!

気軽にiPhoneを節電できるので、低電力モードは必ずコントロールセンターに入れておきましょう。

コントロールセンターの編集手順

ここからはコントロールセンターの編集手順を紹介していきます。

①iPhoneの設定アプリを開きましょう。

②下にスクロールすると「コントロールセンター」という項目があるのでタップしてください。

③コントロールをカスタマイズを選択して、使える機能を編集しましょう。

以上でコントロールセンターのカスタマイズは完了です。自分に合った最適なコントロールセンターを作りましょう!

まとめ:コントロールセンターをうまく活用しよう!

この記事で解説した「iPhoneのコントロールセンターを最適化する方法」を実践すれば、日常的に使うiPhoneの使い勝手がもっと良くなります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. 機能の数を多くしすぎない
  2. よく使う機能をコントロールセンターに割り当て

上記の点を確認してカスタマイズすれば、自分に合った最適なコントロールセンターを作ることができます。

コントロールセンターを最適化できたら、次は、iPhoneのタイムラプスについて学んでみませんか?具体的には「iPhone】タイムラプスをうまく撮影するコツと注意点」で解説しているので、興味のある方は見てみてください。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です