iPhone

iPhoneのデータ通信量を節約する5つの方法

カエルちゃん
カエルちゃん
私はiPhoneを使ってるんだけど、契約している月々のデータ通信量が少ないから、できるだけデータ通信量を節約したいんだよね。
ナマケモノ
ナマケモノ
データ通信量って多くすればするほど月額料金が高くなるからできるだけ節約したいよね。ちょっとした工夫をすればデータ通信量はだいぶ節約できるよ!

データ通信量って多くするほどスマホの月額料金が高くなってしまうので、できるだけ節約したいものですよね。

実は、ちょっとした工夫をするだけでデータ通信量を節約することができちゃうんです。

データ通信量を節約したいという人は、この記事を読むことで月間のデータ通信量を大幅に節約できるようになりますよ!

ここではiPhoneユーザーに向けて「通信量を節約する5つの方法」を紹介していきますね。

アプリのモバイルデータ通信をOFFにする

ネットに繋がっていなくても使用できるアプリは、モバイルデータ通信をOFFに設定しましょう。

アプリのモバイルデータ通信の設定は

  1. 設定アプリを起動
  2. モバイル通信

の手順で表示された画面を下にスクロールしたところで切り替えることができます。

アプリのモバイルデータ通信をOFFにするだけで、だいぶデータ通信量を節約できます。

なぜなら、ネットに繋がっていないような内容のアプリでも知らず知らずのうちにデータ通信量を消費しているからです。

ナマケモノ
ナマケモノ
どんなアプリでもデータ通信量は消費するということを覚えておこう!

どんなアプリでもデータ通信量を消費すると考えて、使わないアプリ・ネットに繋がっていなくても使用できるアプリなどはモバイルデータ通信をOFFにしましょう。

モバイルデータ通信をOFFにすると広告が表示されなくなる

モバイルデータ通信をOFFにすると、データ通信量を節約すること以外にも良いことがあります。

それは、アプリ内の広告が表示されなくなるということです。

オフラインゲームアプリなどは特に、画面が切り替わるたびに広告が表示されてうっとうしいですよね。

モバイルデータ通信をOFFにすると広告が表示されなくなくなるので、アプリがちょっと快適になりますよ。

SNSやニュースアプリはOFFにしてはいけない

SNSやニュースアプリなどは常に情報を更新しなくてはいけないので、モバイルデータ通信をOFFにしないように気をつけてください。

特にLINEなどの頻繁に使うようなアプリは、モバイルデータ通信をOFFにすると相手からのメッセージが届かなくなってしまいます。

なので、よく使うアプリのモバイルデータ通信はOFFにしないようにしてください。

できるだけWi-Fiにつないでおく

自宅などにWi-Fi環境がある人は、必ずスマホをWi-Fiにつないでおくようにしましょう。

Wi-Fiにつないでいる間はスマホのモバイルデータ通信が使用されなくなるので、データ通信量を消費することがなくなります。

ナマケモノ
ナマケモノ
自宅にWi-Fi環境がない人は、外に出るときにFreeWi-Fiにつないでみるのも良いと思うよ!

また、外でもWi-Fiスポットにスマホをつないでおけば、データ通信量の消費を抑えることができます。

自宅にWi-Fi環境があって家で過ごす時間が長いという人は、思い切って契約しているデータ通信量を少なくして月額料金を安くしちゃいましょう!

動画の低画質に変更しておく

YoutubeやAmazonプライムビデオなどの動画アプリでは、動画を低画質なものに設定しておくことにしましょう。

動画は写真とは比べ物にならないくらい一度に消費するデータ通信量が多いので、できるだけ動画は低画質なもので見るようにしましょう。

高画質で動画を見ようと思うと、あっという間にデータ通信量を使い切って速度制限がかかってしまいます。

カエルちゃん
カエルちゃん
どうしても高画質で動画を見たいなら、Wi-Fiにつないでいるときだけ高画質にすればいいわけね!

モバイルデータ通信で見るときは低画質にして、Wi-Fiにつないでいるときは高画質に設定すれば、データ通信量を大幅に節約することができますよ!

アプリの自動アップデートをOFFにする

アプリの自動アップデートがONになっていると、アップデートデータが配信された時点で自動的にアップデートが開始されてしまいます。

モバイルデータ通信を使用しているときに自動アップデートされてしまうと、知らず知らずのうちにデータ通信量をたくさん消費してしまう恐れがあります。

ナマケモノ
ナマケモノ
自動アップデートだけでなく、手動でアプリをダウンロードするときなどもできるだけWi-Fiにつないでから行うようにしたほうがいいよ!

標準設定ではWi-Fi接続時のみに自動アップデートされるようになっていますが、データ通信量の消費が異常に多いときは、念のため設定を確認しておくようにしましょう!

SNSの動画を自動再生しないようにする

TwitterやインスタグラムなどのSNSでは、初期の設定だと動画が自動的に再生されるようになっていると思います。

短い動画でもSNSの場合は、動画の画面が表示されるたびに動画データをダウンロードすることになるので、データ通信量を消費します。

僕のデータ通信量の消費データを見てみると、意外にもインスタグラムが月に10GB以上も消費していました。

SNSは暇つぶしにはうってつけのアプリですが、気を抜いているとあっという間にデータ通信量を消費してしまいますよ!

各SNSアプリの設定画面で動画を自動再生しないように設定することができるので、Wi-Fi接続時のみ自動再生というように設定しておきましょう!

カエルちゃん
カエルちゃん
ちなみインスタグラムのストーリーは何気なく見るものだけど、めちゃくちゃデータ通信量を消費するからWi-Fiにつないでいるときだけ見るようにしようね!

まとめ

以上で、iPhoneのデータ通信量を節約する5つの方法の説明は終わりです。

カエルちゃん
カエルちゃん
データ通信量を節約するのって簡単にできるんだね!さっそく試してみるよ!
ナマケモノ
ナマケモノ
うんうん!データ通信量の消費を抑えられたら、スマホの月額料金を安くして見るのもアリだよ!

データ通信量はちょっとした工夫で消費を抑えることができますし、場合によってはデータ通信量の月額料金を安くすることもできます。

1ヶ月のうちにデータ通信量を使い切ると速度制限がかかってイライラしてしまうので、できるだけスマホはWi-Fiにつないでおくことを心掛けるようにしましょう。

他の節約方法も試して速度制限のない快適なスマホライフを送ってください!

あわせて読みたい

POSTED COMMENT

  1. つばさ より:

    記事を読ませていただきました!とても分かりやすく参考になる内容をありがとうございます。

    SNSの動画を自動再生しない方法と合わせて僕はTwitterで画像を表示しない設定にして月のモバイルデータ通信容量を大幅に減らすことができました。

    良かったら、つかてみて下さい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です