iPhone

【iPhone】英語の大文字を連続で入力する設定方法【簡単】

悩む人
悩む人
iPhoneで大文字を入力するのに、シフトキーを毎回押さなくてはいけなくて面倒。iPhoneで英語の大文字を連続で入力する方法はないの?困ってるから教えてください。

こういった疑問に答えます。

iPhoneで英語の大文字を入力するにはシフトキーを押さなければいけませんが、1文字入力するたびに押さないといけなくて面倒ですよね。

この記事で解説する「iPhoneで英語の大文字を連続で入力する方法」を実践すれば、大文字の入力に毎回シフトキーを押す必要がなくなります。

なぜなら僕も、こちらの記事で解説する方法を実践することで、シフトキーを押す回数が今までよりも減ったからです。

記事を読み終えれば、英語の大文字を連続で入力できないことがどれだけ不便かが分かるので、じっくり読み込んでください。

iPhoneは大文字を入力するのが不便?

iPhoneが英語の大文字入力に手間がかかることは、ご存知でしょうか?

実はiPhoneのキーボードって、英語の大文字を入力するのに手間がかかって面倒なんです。

パソコンと同じ配列のキーボードを使ったことがある人ならわかると思いますが、シフトキーを押せば英語の大文字を入力することができます。

しかし、このシフトキーを押すという作業は、簡単そうに見えてものすごい面倒です。

カエルちゃん
カエルちゃん
何回もシフトキーを押さないといけないから本当に不便なんだよね。。

まずは、シフトキーを押す作業がめんどくさい理由を具体的に解説していきますね。

通常はシフトキーを何回も押さないといけない

iPhoneのキーボードを使うときは、通常シフトキーを何回も押さないと大文字入力することができません。

ぼくも何度か悩まされたことがあるのですが、1文字入力するたびにシフトキーを押さないといけないのは面倒です。

例えば「iPhone」とパソコン配列のキーボードを入力するにはシフトキーを押す必要がありませんが、「IPHONE」と入力するにはシフトキーを6回押す必要があります。

このように、すべて大文字で入力するときに普通の方法を使ってしまうと、シフトキーを押す手間がかかってしまいます。

ナマケモノ
ナマケモノ
毎回シフトキーを入力するのは面倒だから、これから紹介する方法を実践してみてね!

なのでパソコン配列のキーボードを使って大文字を入力するときは、シフトキーを何回も入力する必要がないように設定しましょう。

大文字を連続で入力できるように設定しよう!

ここまで読めば分かるように、iPhoneのパソコン配列キーボードでは大文字を連続で入力することができません。

しかし僕も実践しているある方法を使えば、英語の大文字を入力するのにシフトキーを何回も押す必要がなくなり、連続で大文字を入力できるようになります。

今までiPhoneのキーボードはパソコン配列のものを使ってこなかったのですが、この方法を知ってからは僕の使う頻度が増えました。

カエルちゃん
カエルちゃん
そんな方法があるなら早く教えてちょうだい!

これからiPhoneで英語の大文字を連続入力する手順を紹介するので、じっくり読み込んでくださいね。

iPhoneで英語の大文字を連続入力する手順

iPhoneで英語の大文字を連続入力する手順は、以下の通りです。

  1. iPhoneでパソコン配列のキーボードを表示する
  2. シフトキーを連続2回タップする

上記の手順を踏めば、英語の大文字を入力するときにシフトキーを押す手間が省けます。

それでは具体的に解説していきますね。

まずはiPhoneで英語を入力するために、パソコン配列のキーボードを表示しましょう。

パソコン配列のキーボードに切り替えるには、標準キーボード地球儀マークを長押しして「English」を選択してください。

これでiPhoneのキーボードを切り替えることができます。

次にキーボードの左下に配置されているシフトキーを連続2回タップしましょう。

これでiPhoneのキーボードを使えば、大文字を連続入力できるようになります。

元に戻すのはシフトキーを再度タップすればおっけいです。英語の表記に応じて、大文字と小文字を使い分けてみてください。

まとめ:iPhoneで大文字を入力しよう!

この記事で解説した「iPhoneで英語の大文字を連続で入力する方法」を実践すれば、大文字を入力するときのシフトキーを押す手間が省くことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. iPhoneでパソコン配列のキーボードを表示する
  2. シフトキーを連続2回タップする

上記の手順を踏めば、英語の大文字を入力するときに「何回もシフトキーを押さなくてはいけなくて面倒だな」と思うことがなくなります。

元に戻すには再度シフトキーをタップするだけでいいので、必要に応じて大文字と小文字を使い分けましょう。

iPhoneのキーボードを使いやすくできたら、次はコントロールセンターの最適な編集方法について学びましょう!具体的には「【iPhone】コントロールセンターの最適な編集方法を教えます!」で解説しているので、興味のある方は見てみてください。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です