iPhone

高校生が教える!iPhoneホーム画面整理術

悩む人
悩む人
iPhoneにアプリをインストールしすぎて、どこになんのアプリがあるのか分からなくなってきた。iPhoneのホーム画面はどう整理すればいい?iPhoneの使い勝手が良くなるホーム画面の整理方法を教えてほしいな。

こんな悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「iPhoneの使い勝手が良くなるホーム画面の整理方法」を実践すれば、自分が使いたいアプリを瞬時に見つけ出せるようになります。

なぜなら僕も、これから解説する方法を実践してホーム画面を整理することで、どこになんのアプリがあるのかを把握できるようになったからです。

記事を読み終えていただければ、iPhoneのホーム画面を本気で整理するとどうなるのかが分かるので、じっくり読み込んでください。

iPhoneのホーム画面を整理するとどうなる?

ホーム画面の整理方法を学ぶ前に、まずはiPhoneのホーム画面を整理するとどうなるのかを知っていただかなければいけません。

結論から先に言いますと、ホーム画面を自分に合った最適な配置にすれば、iPhoneの使い勝手が良くなります。

アプリをたくさんダウンロードすると「あれ?このアプリってどこにあるっけ?」となりますよね。

ホーム画面をきちんと整理しておけば、たくさんアプリがインストールされていても、どこにどのアプリがあるのか把握できるようになるのです。

実際に僕も、自分に合ったホーム画面に整理することで、アプリがどこにあるのかを把握できています。

ナマケモノ
ナマケモノ
みんなも一度だけでいいから本気でホーム画面を整理してみて!

ホーム画面を整理して、iPhoneの使い勝手を良くしちゃうましょう。

iPhoneの使い勝手が良くなるホーム画面の整理方法

さっそく「iPhoneの使い勝手が良くなるホーム画面の整理方法」を解説していきます。

具体的な整理方法は、以下の2つです。

  1. ホーム画面の1画面目によく使うアプリを集める
  2. 使用頻度と使い方に合わせてアプリを配置する

方法①:ホーム画面の1画面目によく使うアプリを集める

ホーム画面に1画面目によく使うアプリを集めるようにしましょう。

使わないアプリが1画面目にあって、使わないアプリが2画面目以降に配置されているなら、今すぐホーム画面を整理してください。

なぜなら、よく使うアプリがホーム画面の1画面目にないと、場所を把握できていてもアプリを起動するまでに時間がかかるからです。

実際に僕は、ホーム画面の1画面目にはよく使うアプリを集めるようにしているので、アプリを起動するためにスクロールする手間を省くことができています。

カエルちゃん
カエルちゃん
全く使わないアプリでホーム画面の1画面目を埋め尽くしても意味ないからね!

よく使うアプリが2画面目以降にあると、アプリを起動するまでに時間がかかるので、必ず1画面目に配置するようにしましょう。

方法②:使用頻度と使い方に合わせてアプリを配置する

先程と若干かぶりますが、使用頻度と使い方に合わせてアプリを配置するようにしましょう。

例えば、ほとんどの人がよく使うであろうLINE。このアプリがホーム画面の2画面目以降にあったらどうでしょう?

ナマケモノ
ナマケモノ
LINEはいつも使うからすぐに起動できる位置においておきたいね!

たくさんメッセージを受信していてもLINEの起動に時間がかかるので、使いにくいと感じると思います。

個人的にはメッセージ系のアプリはすべて、ホーム画面1番下のドックエリア(半透明のバー)に配置するのがいいと思います。

アプリの使用頻度だけでなく、使い方からも判断してホーム画面を配置するようにしましょう。

ホーム画面の1画面目にはフォルダを作りすぎない!

同じ分類のアプリをまとめておけるフォルダは便利なので、活用している人も多いですよね。

しかし、個人的にはホーム画面の1画面目にはフォルダを作りすぎないほうがいいと思います。

僕はホーム画面からアプリを起動するまでの動作を少なくしたいと考えています。

ホーム画面にフォルダがたくさんあると、アプリを起動するまでに2ステップかかるので、1画面目には極力フォルダを作らないようにしています。

カエルちゃん
カエルちゃん
2画面目以降はフォルダをたくさん作っても別にいいと思うよ!

アプリを起動するまでの動作をとにかく少なくしたいなら、ホーム画面の1画面目にはフォルダを作りすぎないようにしてください。

まとめ:ホーム画面整理でiPhoneをもっと使いやすく!

この記事で解説した「iPhoneの使い勝手が良くなるホーム画面の整理方法」を実践すれば、自分が使いたいアプリを瞬時に見つけられるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. ホーム画面の1画面目によく使うアプリを集める
  2. 使用頻度と使い方に合わせてアプリを配置する

上記に気をつけてホーム画面の配置を最適化すれば、自分が最も使いやすいホーム画面が完成します。

フォルダの作りすぎには注意して、自分に合ったホーム画面を作りましょう。

iPhoneのホーム画面を整理できたら、次はWi-Fiに接続したiPhoneについて学びましょう!具体的には「iPhoneをWi-Fiに接続する4つのメリット【とっても便利】」で解説しているので、興味のある方は見てみてください。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です