iPhone

【iPhone】Live Photosの設定を解除する方法

悩む人
悩む人
iPhoneのLive Photosってなに?Live Photosの設定を解除するにはどうしたらいい?Live Photosは使ったほうがいい機能なの?

こういった疑問に答えます。

この記事で解説する「iPhoneのLive Photosを解除する手順」を実践すれば、デフォルトで設定されたLive Photosを解除することができます。

なぜなら僕も実際に、この記事で紹介する方法を実践して、Live Photosのデフォルト設定を解除しているからです。

Live PhotosはiPhoneだけの特別な機能ですが、ある2つの理由により僕は使用をおすすめしません。

記事を読み終えれば、Live Photosをおすすめしない理由まで知ることができるので、じっくり読み込んでください。

Live Photosとは?

Live PhotosとはiPhoneの独自機能で、撮影前後の動きを1枚の写真として収めることができます。

ほんの数秒だけの動きですが、写真を撮ったときの情景を思い出すことができるので、思い出づくりにはぴったりです。

Live Photosを使うメリットはおおまかに分けて2つあり、よりよい笑顔の写真を撮ることができたり、さまざまなエフェクトをかけて楽しめたりすることです。

ナマケモノ
ナマケモノ
エフェクトをいろいろ変えてみると面白いよ!

自分の写真に動きをつけられるのは、Live Photosだけの特別な機能なので、まだ写真を撮ったことがない人は試してみてください。

Live Photosを使わない方がいい理由

ここまでメリットについて解説しましたが、僕はLive Photosを使うことをおすすめしません。

なぜならLive Photosには、メリット以上にデメリットがあるからです。

  1. Live Photosで撮った写真は、他の端末に送信できない
  2. Live Photosの写真は容量が大きい

上記の理由から、僕はLive Photosの設定を解除しています。

理由1:Live Photosで撮った写真は、他の端末に送信できない

Live Photosで撮った写真は、AndroidスマートフォンにLINEなどで送信することはできません。

なぜならLive PhotosはiPhoneの独自機能であるため、機能そのものがないAndroidには対応していないからです。

実際に、Androidを使っている人にLive Photosで撮った写真を送ったら、通常の画像として扱われました。

カエルちゃん
カエルちゃん
iPhone同士なら送れるよ!

Live PhotosはiPhoneだけの独自機能なので、Androidには対応していません。なのでLive Photosは、自分で楽しむ写真として撮りましょう。

理由2:Live Photosの写真は容量が大きい

Live Photosで撮った写真は、容量が大きいのでたくさん保存することはできません。

なぜならLive Photosは、撮影前後の動きも1枚の写真として扱われるので、容量が大きくなってしまうからです。

iPhoneのライブラリでの位置付けは写真ですが、動きを記録するので動画と同じようなものです。

いくら数秒といえど、Live Photosは高画質のカメラで撮るので、たくさん写真を保存すればあっという間に容量を使い切ってしまいますよ。

ナマケモノ
ナマケモノ
内部ストレージの少ないiPhoneを使っているなら、Live Photosを多用しないほうがいいね。。

そのためLive Photosを使うのは、自分が本当に使いたいと思ったときだけにして、普段はLive Photosをオフにしておきましょう。

Live Photosの設定を解除する手順

Live Photosについて詳しく知っていただけたところで、Live Photosのデフォルト設定を解除する方法を解説していきます。

Live Photosの設定を解除する具体的な手順は、以下の通りです。

  1. デフォルト設定されているLive Photosを解除する
  2. カメラを起動してLiveのマークをタップ

手順1:デフォルト設定されているLive Photosを解除する

デフォルト設定されているLive Photosを解除しましょう。

まずは『設定アプリ』を開いて『カメラ』をタップしましょう。

『カメラ』をタップして画面が表示されたら、『設定を保持』を選択してください。

『Live Photos』の切り替えスイッチがオフ(白色)になっていると、デフォルト設定されているので、オン(緑色)に切り替えましょう。

これでLive Photosのデフォルト設定は解除されるので、カメラを開くたびに設定を変える必要はなくなりますよ。

手順2:カメラを起動してLiveのマークをタップ

Live Photosのデフォルト設定を解除できたら、カメラを起動してLiveのマークをタップしましょう。

以上でLive Photosの設定解除は完了です。

まとめ:Live Photosは設定でオフにできる!

この記事で解説した「Live Photosの設定を解除する方法」を実践すれば、デフォルトで設定されたLive Photosを解除することができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. デフォルト設定されているLive Photosを解除する
  2. カメラを起動してLiveのマークをタップ

上記の手順を踏むことで、Live Photosのデフォルト設定を解除することができます。

Live Photosは思い出づくりにいいですが、デメリットもあるので、使わないときは設定でLive Photosをオフにしておきましょう。

Live Photosの設定をオフにする方法を確認できたら、次はiPhoneのカメラできれいな写真を撮る方法を覚えましょう。具体的に学びたい方は「準備中」にも目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です