iPhone

iPhone標準のメモアプリで書類をスキャン!便利に使おう

悩む人
悩む人
iPhoneのメモアプリを使ってて最近知ったんだけど、書類スキャンができるって本当なの? 今まで書類をスキャンするときは他のアプリを使ってきたんだけど、メモでできるなら最高!メモで書類スキャンする方法を押してほしいな。

こういった疑問に答えます。

iPhoneには標準でメモアプリがインストールされていて、使ったことのある人は多いと思います。

簡単なスケッチを残しておけたり、画像を貼り付けておけたりできて、メモ以外の用途でも使えて便利ですよね。

あまり知られていないのですが、実はiPhoneのメモアプリでは、書類をスキャンすることもできちゃいます。

この記事では、実際にiPhoneのメモで書類スキャンしてみた感想を紹介します。

iPhoneのメモで書類スキャンする方法もあわせて解説していきますので、最後までじっくり読み込んでください。

iPhone標準のメモアプリではなにができる?

iPhoneには標準でメモアプリがインストールされていますが、その機能の全てを知る方は少ないと思います。

メモでは例えば、紙のメモ帳と同じように文章を簡単に記録しておけるだけでなく、写真を貼っておいたり、スケッチとしてアイデアを残しておけたりできます。

使いこなせれば非常に便利で、ぼくも毎日のようにブログのアイデアが思い浮かんだら、iPhoneでメモするようにしています。

最初は使いにくいかもしれませんが、慣れてくれば紙のメモ帳よりも、より賢く使うことができて便利ですよ。

そんなメモアプリですが実は、書類もスキャンすることができます。

今まで書類スキャンには専用の「スキャナーアプリ」を使う必要がありましたが、いつしかのiOSアップデートで標準のメモアプリでも書類スキャンできるようになりました。

ナマケモノ
ナマケモノ
書類スキャンにはデータ流出などの危険性もあるけど、普段遣いならめっちゃ便利なんだよね!

大事なプリントなどを書類スキャンして保存しておけば、データとして書類を残すことができて、万が一プリントを紛失してしまったときも安心です。

本格的なスキャナーアプリと比べると少し劣るかもしれませんが、標準アプリのだけあって読み取り性能は高いですよ。

iPhoneに書類を保存したいと思ったら、標準のメモアプリで書類スキャンしてみてください。

iPhoneのメモで書類をスキャンしてみた!

実際にiPhoneで書類スキャンしたときに感じたことは、主に以下の2つです。

  1. 他のアプリを使う必要がなくて便利
  2. フォルダごとにまとめられて探しやすい

書類スキャンできるアプリ自体は元々あったので、機能としてはそれほど興味を惹かれるものがなかったです。

しかしiPhoneの標準アプリのだけあって、使いやすさを抜群で、これから書類スキャンするとしたらメモを使いたいと思いました。

他のアプリを使う必要がなくて便利

重要なのはサードパーティ製アプリではなく、iPhoneに標準インストールされているアプリだということです。

先程お伝えした通り、今まではiPhoneで書類スキャンしたいと思ったら、専用のスキャナーアプリを別途インストールする必要がありました。

インストールするだけなら別にいいのですが、使い方がいまいち分からなくて、使い続けたいと思わないんですよね。

最近のiPhoneはiOSアップデートによって、標準のメモアプリでも書類スキャンができるようになりました。

これによって他のスキャナーアプリをインストールすることなく、iPhoneのメモアプリだけで書類スキャンできるようになったので、とても便利です。

サードパーティ製のアプリだと認識が甘かったりして、書類の読み取りがうまくいかないことがありますが、メモならプリントをきちんと認識してくれますよ。

使いやすさと認識能力の高さは、他のアプリよりも断然、iPhoneのメモアプリのほうがいいと感じました。

フォルダごとにまとめられて探しやすい

メモを使ったことがあるなら分かると思いますが、iPhoneのメモはフォルダごとにデータを振り分けることができます。

普通のメモアプリだと、紙のメモ帳のように文章を保存しておくことしかできませんが、iPhoneのメモならフォルダごとに保存できるので便利です。

フォルダごとに保存できると、過去にメモした内容も探しやすいというメリットがあります。

カエルちゃん
カエルちゃん
保存してあるデータが多いほど、お目当てのやつを探しにくいからね。ジャンル別にできるのは便利だよ!

実際にiPhoneのメモを使うときは、覚えておきたいことをジャンルごとに分けて保存するのがおすすめです。

はじめはフォルダを作らないで、メモがたまってきたらフォルダでジャンル分けするといいですよ。

iPhoneで書類スキャンしたデータをジャンルごとに振り分けて、メモアプリを使いこなしましょう。

iPhoneのメモで書類スキャンする方法

ここからはiPhoneのメモを使って、実際に書類スキャンする方法を解説していきます。

それでは以下の画像をご覧ください。

iPhoneのメモアプリを開いたら、新規メモを作り「プラス」のマークをタップします。そうして表示された中から「書類をスキャン」を選択すれば、あとはカメラで書類を撮影するだけです。

非常に簡単なので、気が向いたときにでも実践してみてくださいね。

まとめ:iPhoneのメモは使えるアプリ!

この記事では「iPhoneのメモアプリで書類スキャンした感想」を説明しました。最後にもう一度内容を確認しましょう。

iPhoneのメモで書類スキャンしてみて感じたことは、主に以下の2つです。

  1. サードパーティ製のアプリを使う必要がない
  2. フォルダごとに振り分けられる

正直言ってiPhoneのメモアプリは、地味な機能しかないので、よく使うという人は少ないと思います。

しかし書類スキャンやスケッチなど、使いこなせば便利な機能は意外とたくさんあります。

この記事で解説した「書類スキャン」の他にも、あまり知られていない便利機能がメモアプリでは使えるので、いろんな機能を探してみてください。

関連記事:iPhone】コントロールセンターの最適な編集方法を教えます!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です