iPhone

モバイルSuicaのエラーで恥ずかしい思いをしないためには?

悩む人
悩む人
やばい緊急で知りたいことがあるんだけど、教えてほしいです。コンビニの買い物にiPhoneのモバイルSuicaを使ってみたんだけど、エラーが出て商品を購入できなかった。これから何か買うときにモバイルSuicaが使えないと不便だから、本気で知りたい!

こういった疑問に答えます。

iPhoneのモバイルSuicaを使おうとしたときに、エラーが出て支払いできなった経験のある方はいませんか?

コンビニのレジでお金を支払わないといけないのに、モバイルSuicaでエラーが出ると、どうしても焦ってしまいますよね。

僕もまさにそのような体験をしたことがあり、そのときは焦りまくって結局、現金でお金を支払ってしまいました。

モバイルSuicaで何回もエラーが出ると不便なので、この記事では「iPhoneのモバイルSuicaでエラーが出る原因と対処方法」を具体的に解説します。

記事を読めば、モバイルSuicaでエラーが出ても焦らなくて済むようになるので、じっくり読み込んで覚えてください。

iPhoneのモバイルSuicaでエラーが出る原因

モバイルSuicaでエラーが出てしまう原因は、主に以下の2つです。

  1. 本来の読み取り位置からずれている
  2. iPhone本体の不具合

コンビニや自動改札でモバイルSuicaを使おうとしてエラーが出てしまうと、どうしても焦ってしまいますよね。

急にエラーが出ると、店の人には冷たい目で見られるわ、駅員さんは駆け寄ってくるわで絶対に嫌です。

モバイルSuicaでエラーが出たときは、まずは原因を考えて、冷静に対処できるようにしましょう。

原因①:本来の読み取り位置からずれている

読み取り機器とiPhone本体の位置がずれていると、モバイルSuicaでエラーが出るときがあります。

iPhoneのモバイルSuicaでエラーが発生したとき、iPhone本体の真ん中や下部を読み取り機器にかざしてはいませんでしたか?

実はiPhoneのモバイルSuicaは、本体の上部を読み取り部分としていて、その位置からずれてしまうと高確率でエラーが出てしまいます。

非接触IC技術をFeliCaというのですが、これが搭載されている位置は、各スマートフォンによって違っていて、ディスプレイ側にFeliCaが付いている端末もあります。

ナマケモノ
ナマケモノ
iPhoneはFeliCaが本体の上部に搭載されているよ!

iPhoneの場合、FeliCaは本体背面の上部に搭載されているので、モバイルSuicaやApple Payを使うときは、本体上部をかざさないといけないわけです。

原因②:iPhone本体の不具合

ごく稀なケースですが、iPhone本体の不具合によって、モバイルSuicaでエラーが出るときがあります。

iPhone本体の不具合というよりは、読み取り部分(FeliCa)に問題があるといった感じですかね。

iPhoneを落とした衝撃などでFeliCaが破損していたら当然、iPhoneでモバイルSuicaは使えなくなってしまいます。

もし本当にFeliCaに破損や故障が見られるなら、iPhoneを修理に出す以外に問題の解決方法はありません。

カエルちゃん
カエルちゃん
まあでも、まずは位置の確認をしようね!

iPhone本体の不具合とは考えにくいと言いました。とはいえ本当にiPhone本体の問題でモバイルSuicaが使えないこともあるので、これから解説する対処方法を実践してみてください。

iPhoneのモバイルSuicaでエラーがでたときの対処方法

エラーが出たときの対処方法は、以下の通りです。

  1. iPhoneの上部を読み取り機器にかざす
  2. iPhoneを再起動

モバイルSuicaでエラーが出た原因を割り出せたら、それに合った対処方法を実践するようにしましょう。

位置ずれでエラーが出た場合は①を、iPhoneの不具合でエラーが出た場合は②を実行して対処するといいですよ。

対処方法①:iPhoneの上部を読み取り機器にかざす

先程解説した通り、iPhoneのFeliCa(非接触IC技術)は、iPhone本体の上部に搭載されています。

そのため、モバイルSuicaを使うときにiPhone本体の中央や下部をかざしても、エラーが出て支払いできないです。

大切なのは、iPhoneの上部をかざしてモバイルSuicaを使うことです。もしエラーが出てしまったら、位置を確認した上で再度、読み取り機器にかざしてください。

かざす位置を気をつけてもモバイルSuicaでエラーが出るなら、iPhone本体の不具合である可能性が高いので、次の対処方法を実践してみましょう。

対処方法②:iPhoneを再起動

iPhoneの一時的な不具合でモバイルSuicaが使えなくなっているなら、iPhoneを再起動してみましょう。

再起動すれば、溜まっていたキャッシュデータなどが全てリセットされるので、iPhoneの不具合も改善できることが多いです。

ただ先程解説したように、iPhone本体の不具合でモバイルSuicaが使えなくなることは、きわめて珍しいです。

位置を確認しても、iPhoneを再起動してもモバイルSuicaが使えないなら、FeliCaに問題があると考えていいでしょう。

エラーを解決できないときはiPhoneの修理も検討する

これまで紹介した対処方法を実践してもモバイルSuicaが使えないのなら、FeliCa・iPhone本体の故障である可能性が高いです。

その場合はiPhoneを修理に出さないと、改善方法はないです。

すでにご存知かもしれませんが、iPhoneの修理はApple Storeや一部の専門店でしか受け付けていません。

ナマケモノ
ナマケモノ
iPhoneの修理代って馬鹿みたいに高いんだよね。。

その上、専用の保険であるAppleCareに加入していないと、とんでもない修理費用がかかっています。

なのでAppleCareに加入していないなら、Apple Storeではない専門店に修理してもらいましょう。

僕がお勧めする修理ショップは「iPhone修理のグッドモバイル」です。iPhoneの修理にお困りなら、このショップも検討してみてください。

まとめ:エラーが出ても焦らずにもう一度かざしてみよう!

この記事では「iPhoneのモバイルSuicaでエラーが出たときの対処方法」を解説しました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. iPhoneの上部を読み取り機器にかざす
  2. iPhoneを再起動する
  3. それでも改善されないなら修理を検討

当然のように使えると思っていたモバイルSuicaでエラーが出ると、どうしても焦ってしまいます。

そうなるとますます解決が遠のいてしまうので、まずは冷静になり「なにが原因でエラーが出たのか?」を考え出してください。

関連記事:知らぬ間にスマホの保護ガラスが割れていたので原因を考えてみた

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です