iPhone

画質を落とすことなく写真をiPhoneに移行する方法

悩む人
悩む人
新しいiPhoneにしたんだけど、前使っていたiPhoneから写真や動画を移したい。画質を落とさずに写真を移行する方法はある?できれば簡単な方法が知りたい。

こんな疑問に答えます。

この記事で解説する「新しいiPhoneに写真を移行する方法」を実践すれば、画質を落とすことなく前のiPhoneから新しいiPhoneに写真を移すことができます。

なぜなら僕もこの方法を実践したことがあり、実際に画質を落とすことなく写真を移行できたからです。

記事の内容は、iPhoneを使っている人なら誰でも簡単に実践できることなので、最後までじっくり読みましょう。

前半で写真や動画をiPhoneに移す方法を簡単に説明し、後半で詳しい手順を解説していきますね。

新しいiPhoneに写真を移すにはどうすればいい?

前使っていたiPhoneから新しいiPhoneに写真を移行する方法はいくつかあります。

まずはどんな方法で写真をiPhoneに移行できるのかを知りましょう。

  1. iCloudにバックアップを取って移行する
  2. パソコンにバックアップして移行する
  3. クラウドサービスにバックアップして移行する
  4. AirDropを使って移行する

上記の方法でiPhoneに写真を移すことができます。

①は移行するためにiCloudを使うのですが、iCloudの無料ストレージは5GBまでなので、移行できる写真に限りがあります。

写真を日常的に撮る人であれば5GBの容量を超えると思うので、この方法はあまりおすすめしません。

②は自宅にパソコンがなければ実践することができませんし、なにより時間がかかるのでおすすめしないです。

③は写真を移すためにバックアップをとらないといけないので、前のiPhoneをネットに繋いでおく必要があります。

自宅にネット環境がないならFree Wi-Fiに接続するしかないので、手間がかかります。なのでこの方法もあまりおすすめしません。

今まで①〜③の方法について解説しましたが、どれも問題点があるのでおすすめできません。

そのため僕が最もおすすめするのは、AirDropを使って写真を移行する方法です。

AirDropを使って画質を落とすことなく写真を移行しよう!

iPhoneからiPhoneに写真を移したいなら、AirDropを使うようにしましょう。

なぜなら僕も実際にこの方法を実践したところ、画質を落とすことなく写真を移行できたからです。

iCloudでは高画質バックアップをとれますが、少しだけデータが圧縮されています。これは他のクラウドサービスも同じです。

AirDropなら画質を落とすことなく移行できるので、きれいに撮れたお気に入りの写真をオリジナルのままiPhoneに移すことができます。

以上の理由から、iPhoneに写真を移行したいならAirDropを使うのがおすすめです。

機種変更などで購入した新しいiPhoneがあれば、AirDropで写真を移行するようにしましょう。

AirDropを使ってiPhoneに写真を移す手順

AirDropは以下の手順で使うことができます。

  1. AirDropの設定を「すべての人」に変える
  2. 移行したい写真を選択する
  3. 送信したいiPhoneを選択する
  4. 受信するiPhoneで「受け入れる」をタップする

手順①:AirDropの設定を「すべての人」に変える

AirDropで写真を移すにはまず、コントロールセンターから設定を「すべての人」に変えてください。

設定を変えておかないと、iPhoneが写真を受信できなくなってしまいます。

AirDropの設定は「設定→一般→AirDrop」で変更することもできますよ。

手順②:移行したい写真を選択する

設定を変更できたら、次はiPhoneに移行した写真を選択します。

移したい写真が見つかったら、上の画像の四角で囲んだ部分をタップしてください。

手順③:送信したいiPhoneを選択する

写真を選択すると以下のような画面になります。

送信したいiPhoneが見つかったらタップしましょう。これで送信側の操作は終わりです。

手順④:受信するiPhoneで「受け入れる」をタップする

写真が送信されると受信側のiPhoneで以下のように表示されます。

「受け入れる」をタップすれば、写真の移行は完了です。

写真がiPhoneに保存されているかを確認しましょう!

手順通りやってもうまくいかない場合

上記の手順通りやってもうまくいかないことがあります。

実際に僕にも、うまく写真を移行できなかったことがありました。

以下を実行してみたら問題を解決できたので、確認してみましょう。

  • 双方のiPhoneで「すべての人」が選択されているかを確認する
  • どちらのiPhoneも再起動してみる

双方のiPhoneで「すべての人」が選択されているか確認する

AirDropが使えない時に1番確認してほしいことは、双方のiPhoneで「すべての人」が選択されているかです。

なぜならAirDropは送信側と受信側のどちらにも設定が必要だからです。

どちらかのiPhoneが連絡先に登録されていれば「連絡先のみ」でも大丈夫ですが、それ以外なら「すべての人」を選択しなければいけません。

AirDropで新しいiPhoneに写真を移行できなかったら、まずはAirDropの設定を確認するようにしましょう。

どちらのiPhoneも再起動してみる

双方のiPhoneで「すべての人」が選択されているのにAirDropを使えなかったら、iPhoneを再起動してみましょう。

なぜなら僕もAirDropを使えなかったときに、iPhoneを再起動してみたら使えるようになったからです。

AirDropの設定が「すべての人」になっているのに写真を移行できなかったら、一度iPhoneを再起動してみてください。

まとめ:iPhoneに写真を移してみよう!

この記事で解説した「新しいiPhoneに写真を移す方法」を実践すれば、画質を落とすことなく新しいiPhoneに写真を移行することができます。

最後にもう一度手順を確認しましょう。

  1. AirDropの設定を「すべての人」に変える
  2. 移行したい写真を選択する
  3. 送信したいiPhoneを選択する
  4. 受信するiPhoneで「受け入れる」をタップ

上記の手順を踏んでもうまくいかなかった場合は「AirDropの設定を確認→iPhoneの再起動」を試してみてください。

AirDropを使えば、画質を落とさずに写真を移行できます。機種変更などで新しいiPhoneを手に入れたら、AirDropを使ってみましょう!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です