iPhone

iPhoneの写真を復元する方法|間違えて消しても大丈夫!

悩む人
悩む人
iPhoneでせっかくきれいな写真が撮れたのに、間違えて消してしまった。削除した写真ってどこにあるの?消しちゃった写真を復元する方法はある?

こんな悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「iPhoneの写真を復元する方法」を実践すれば、間違えて削除してしまった写真を、簡単に復元することができます。

なぜなら僕も、こちらで解説する方法を実践することで、消してしまった写真を復元することができたからです。

記事を読み終えていただければ、削除した写真がどこに移動しているのかが分かり、簡単に復元できるようになります。

iPhoneの写真は復元できる?

結論から先に言うと、iPhoneの写真は簡単に復元できます。

なぜなら僕も時々、こちらの記事で紹介する方法を実践することで、写真を復元できているからです。

間違えて消してしまった写真を復元する前に、まずは削除した写真がどこに移動するのかを知らなくてはいけません。

削除した写真がどこに移動しているのかを知ることで、誰でも簡単に復元できるようになりますよ。

消えた写真は『最近削除した項目』にあります

iPhoneの写真を削除しても、完全に端末から消えることはありません。

なぜならiPhoneの開発元であるAppleも、使用するユーザーが間違えて写真を削除してしまうことを想定しているからです。

ナマケモノ
ナマケモノ
間違えて削除した写真を復元できるのはいいよね!

パソコンで削除したデータがゴミ箱に移動するのと同じで、iPhoneで削除した写真は『最近削除した項目』に移動します。

そのためiPhoneで削除した写真の復元は『最近削除した項目』で行います。

iPhoneの写真を復元しよう!

削除した写真がどこに移動するのかを覚えてしまえば、あとは簡単に復元することができます。

なぜならパソコンのデータをゴミ箱から復元するのと同様に、iPhoneの写真は『最近削除した項目』から復元できるからです。

カエルちゃん
カエルちゃん
復元するときもパソコンと同じようになるのかな?

『最近削除した項目』で復元作業を行うことで、一切ツールを使うことなく、iPhoneだけで写真を復元することができます。

これから「iPhoneの写真を復元する手順」を具体的に解説していくので、じっくり読み込んで試してみてください。

iPhoneの写真を復元する手順

iPhoneの写真は、以下の手順を踏むことで簡単に復元できます。

  1. 写真アプリの『アルバム』を選択
  2. 『最近削除した項目』を選択
  3. 復元したい写真を選択して『復元』をタップ

手順①:写真アプリの『アルバム』を選択

まずは写真アプリを起動して『アルバム』を選択してください。

手順②:『最近削除した項目』を選択

『アルバム』で表示された画面を下にスクロールすると『最近削除した項目』があるのでタップしてください。

手順③:復元したい写真を選択して『復元』をタップ

復元したい写真を選択したら『復元』をタップしてください。

以上で、iPhoneの写真を復元することができるので、さっそく試してみましょう。

iPhoneの写真を復元するときの注意点

削除した写真を復元するとき、2つの注意点があるので確認しましょう。

なぜなら注意点を確認しておかないと、写真を復元できなくなる可能性があるからです。

iPhoneの写真を復元する前に、以下の注意点を確認してください。

  • 削除してから30日経つと完全に消える
  • 復元したい写真だけ選択する

削除してから30日経つと完全に消える

iPhoneの写真を復元できるのは、削除してから30日以内です。

なぜなら削除した写真を『最近削除した項目』で保持できるのは、30日間だからです。

要らないと思った写真を削除してからしばらく経つと、完全にiPhoneから削除されてしまうので、戻したい写真は30日以内に復元しなければいけません。

ナマケモノ
ナマケモノ
30日を過ぎると、本当に復元できなくなるから気をつけてね!

実際に、知らぬ間に写真を削除したときは、30日を過ぎたせいで写真を復元できなくなったことがありました。

30日を過ぎると復元できなくなるので、削除してから30日以内に写真を復元するようにしましょう。

復元したい写真だけ選択する

復元する写真は、自分が本当に必要だと思ったものだけにしましょう。

なぜなら一気にすべての写真を復元すると、余計な写真まで元どおりになってしまうからです。

すべての写真を必要だと思うならいいのですが、自分で削除した写真をすべて復元したいと思うことはめったにないと思います。

なのでiPhoneで写真を復元するときは、自分が本当に必要だと思う写真だけを復元するようにしましょう。

『最近削除した項目』にある写真は、30日経つと自動的に削除されますが、ストレージを無駄にしてしまうので、要らない写真は完全に削除しておきましょう。

まとめ:間違えて写真を消してしまっても大丈夫!

この記事で解説した「iPhoneの写真を復元する方法」を実践すれば、間違えて削除してしまった写真を、誰でも簡単に復元できるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. 写真アプリの『アルバム』を選択
  2. 『最近削除した項目』を選択
  3. 復元したい写真を選択して『復元』をタップ

上記の手順を踏めば、ツールを一切使うことなく、iPhoneだけで写真を復元することができます。

削除した写真は、30日間経つと『最近削除した項目』からも消えるので、気をつけてください。

iPhoneの写真を復元できたら、次はLive Photosの設定を解除する方法を確認しましょう。具体的に学びたい方は「iPhoneLive Photosの設定を解除する方法」にも目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です