iPhone

iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法

悩む人
悩む人
iPhoneでQRコードを読み取るにはどうすればいい?QRコード読み取りアプリはある?標準カメラでQRコードを読み取ることはできる?

こういった疑問に答えます。

この記事で解説するiPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法」を実践すれば、iPhoneのカメラを使って簡単にQRコードを読み取れるようになります。

なぜなら僕も実際にiPhoneの標準カメラを使って、QRコードを読み取っているからです。

実際に、こちらで解説する方法を使ってQRコードを読み取れば、アプリを使う手間が省けるので便利です。

記事で解説する「QRコードを読み取る方法」は、誰でも簡単に実践することができるので、じっくり読み込んでください。

iPhoneのカメラでQRコードは読み取れる?

結論を先に言ってしまうと、iPhoneのカメラでQRコードを読み取ることは可能です。

なぜなら僕も実際に、iPhoneのカメラを使ってQRコードを読み込んで、キャンペーンに応募したりするからです。

標準カメラか専用のアプリを使うことで、iPhoneからQRコードを読み込むことができます。

僕がおすすめするのは、標準カメラを使ってQRを読み取る方法なので、具体的に学びましょう。

iOS11以降のiPhoneなら、標準カメラでQRコードを読み取ろう!

標準カメラでQRコードを読み取るには、iPhoneがiOS11以降にアップデートされている必要があります。

なぜならiOS11が配信される前までは、標準カメラでQRを読み取ることはできず、アプリを使うしかなかったからです。

実際にiOS11より前のiPhoneを使ってみたところ、標準カメラではQRが反応しなかったです。

カエルちゃん
カエルちゃん
昔のiPhoneはQRを読み取るのにアプリが必要だったんだね!

iOS11以降のiPhoneなら、標準カメラでQRコードを読み取ることができるので、最新のiOSにアップデートしておきましょう。

iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法

ここからは「iPhoneの標準カメラでQRを読み取る方法」を詳しく解説していきます。

QRコードを読み取るのは簡単で、以下の手順を実践するだけです。

  1. iPhoneに標準インストールされているカメラアプリを開く
  2. 読み取りたいQRコードをカメラで写す
  3. URLが表示されたらタップする

まずはiPhoneのカメラアプリを開きましょう。

読み取りたいQRコードをそのままカメラに写せば、自動的にURLを認識してくれます。

QRコードを認識したら、上記の画像のように「Safariで開く」と表示されるので、それをタップすればQRで読み取ったサイトにアクセスすることができます。

iPhoneのカメラでQRコードを読み取る方法を確認できたら、さっそく実践してみましょう。

標準カメラでQRコードを読み取るときの注意点

iPhoneのカメラを使ってQRコードを読み取るとき、2つ注意しなければいけないことがあります。

  1. 明るい環境でないとQRコードを認識しない
  2. QRコードの履歴は残らない

注意点1:明るい環境じゃないとQRコードを認識しない

当然ですが、暗い場所でQRコードを読み取ろうと思っても、iPhoneのカメラは認識しないです。

そのためiPhoneのカメラでQRコードを読み取るときは、明るい環境で認識させるようにしましょう。

明かりが弱いときなど、どうしても周りの環境が暗くなってしまう場合は、ライトでQRを照らすなどして読み取ってください。

ナマケモノ
ナマケモノ
明るくないとカメラに何も映らないからね。。

いくらiPhoneのカメラが高性能でも、暗所には弱いので、明るい環境でQRコードを読み取るようにしましょう。

注意点2:QRコードの履歴は残らない

iPhoneのカメラで認識したQRコードは、履歴が残りません。

QRコードでどのサイトにアクセスしたかの履歴が残らないと、再度同じサイトにアクセスすることができなくなってしまいます。

そのためiPhoneのカメラで読み取ったQRコードは、大切に保存しておく必要があります。

とはいえ、QRコードを毎回保存するのはめんどくさいと思います。

カエルちゃん
カエルちゃん
Safariを見れば履歴を確認できるよ!でもQRで読み込んだURLだけを探すのはめんどくさい。。

そんな時はSafariの検索履歴を見てみるといいでしょう。普通に検索したときの履歴も残っていますが、QRコードで飛んだサイトの履歴も残されていますよ。

QRコードの履歴を保存したいならアプリを使おう!

QRコードの保存がめんどくさくて、Safariの検索履歴から探すのもだるいという人は、QRを読み取るアプリを使いましょう。

QRコードを読み取る専用のアプリなら、自分がどのQRでどのサイトにアクセスしたのかが履歴として残るからです。

iOS11より前のiPhoneを使っている人は、標準カメラでQRコードを読み取ることができないので、アプリを使う必要があります。

アプリを使えば、古いiPhoneでもQRコードを読み取ることができるので、試してみましょう。

「履歴を残したい」または「古いiPhoneを使っていてQRコードを読み取れない」という人は、QRの読み取り専用アプリを使ってみてください。

QRコードリーダー ・ シンプルなQRこーどりーだーアプリ

QRコードリーダー ・ シンプルなQRこーどりーだーアプリ

Komorebi Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ:標準カメラでもQRを読み取れる!

この記事で解説したiPhoneの標準カメラでQRコードを読み取る方法」を実践すれば、iPhoneのカメラを使って簡単にQRコードを読み取れるようになります。

最後にもう一度、読み取り手順を確認しましょう。

  1. iPhoneに標準インストールされているカメラアプリを開く
  2. 読み取りたいQRコードをカメラで写す
  3. URLが表示されたらタップする

上記の読み取り方法を実践することで、QRコードのサイトへアクセスできます。

明るい環境で読み取ることと、履歴が残らないことに注意して使ってみてください。

iPhoneのカメラでQRコードを読み取れたら、次はiPhoneの圏外をなおす方法を確認しましょう!具体的に学びたい方は「iPhoneの圏外がずっと続く原因と5つの対処方法」にも目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です