iPhone

Safariの面倒なパスワード入力、実は省略できます。

悩む人
悩む人
SafariってGoogle Chromeみたいにパスワードを自動入力することはできないの?Safariをパスワード自動入力にするにはどうしたらいい?具体的な手順を教えてほしいな。

こういった疑問に答えます。

この記事で解説する「Safariをパスワード自動入力に設定する方法」を実践すれば、アカウントにログインするのにパスワードを入力する必要がなくなるので、手間を省くことができます。

なぜなら僕も、これから解説する設定方法を実践することで、 Chromeのようにパスワードを自動入力にできたからです。

記事を読み終えていただければ、パスワードを自動入力にするとどうなるのかが分かるので、じっくり読み込んでください。

Safariをパスワード自動入力に設定するとどうなる?

結論から先に言ってしまうと、Safariをパスワード自動入力に設定すれば、アカウントにログインするときのパスワードを入力する手間が省けます。

Google Chromeは1度入力したパスワードを記録することができますが、Safariも同様にパスワードを記録することができます。

実際に僕も、Safariをパスワード自動入力に設定することで、今まで面倒だったパスワード入力の手間を省くことができています。

カエルちゃん
カエルちゃん
1年以上iPhoneを使ってきたのに、この事知ったの最近だからめっちゃ後悔してるんだ。

パスワードを自動入力にすれば、さまざまなアカウントに簡単にログインすることができますよ。

自動入力にすればパスワードを覚える必要がないので、使い回しによる不正アクセスも防止できます。

他人にアカウントを使われないように注意しよう!

Safariをパスワード自動入力に設定するとき、他人にアカウントを使われないように注意しましょう。

パスワード自動入力では、アカウントにログインするときiPhoneの生体認証もしくは、パスコードを使用します。

パスワードを入力することなくアカウントにログインできる反面、パスコードなどを知られるとアカウントに不正ログインされる危険性が高まります。

ナマケモノ
ナマケモノ
簡単にログインできてしまうから、他人に使われる危険性も高まっちゃうんだよね。。

寝ている間に指紋を使われたという事例もあるので、自己管理には気をつけないといけません。

パスコードだけでは不安なので、パスワード自動入力には生体認証を入力するようにしましょう。

Safariをパスワード自動入力に設定する手順

パスワードを自動入力にするとどうなるのかを知っていただけたところで、Safariをパスワード自動入力に設定する手順を解説していきます。

  1. 設定を開く
  2. 『パスワードとアカウント』を選択
  3. 『パスワードを自動入力』をオンにする

上記の手順を踏むことで、Safariをパスワード自動入力に設定することができます。

手順①:設定を開く

iPhoneに標準インストールされている設定アプリを開いてください。

手順②:『パスワードとアカウント』を選択

画面を下にスクロールすると出てくる『パスワードとアカウント』を選択してください。

手順③:『パスワードを自動入力』をオンにする

『パスワードを自動入力』のスイッチをオン(緑色)にしてください。

まとめ:パスワードの自動入力で手間を省こう!

この記事で解説した「Safariをパスワード自動入力に設定する方法」を実践すれば、アカウントにログインするときのパスワード入力の手間を省くことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. 設定を開く
  2. 『パスワードとアカウント』を選択
  3. 『パスワードを自動入力』をオンにする

上記の手順を踏むことで、Safariをパスワード自動入力に設定することができます。

パスワード自動入力に設定するときは、パスワード入力の手間が省ける反面、他人にアカウントを使われる恐れがあるので注意しましょう。

Safariをパスワード自動入力に設定できたら、次はパソコンにテザリングできないときの対処方法を知りたくありませんか?詳しくは「iPhoneでパソコンにテザリングできないときの対処方法【注意点も解説】」で解説しているので、興味のある方は見てみてください。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です