iPhone

授業中バレずにiPhoneを使う方法【簡単に実践できる】

悩む人
悩む人
授業中バレずにiPhoneを使いたい!iPhoneを使っているのをバレないようにするにはどうすればいい?iPhoneの通知音とバイブレーションをオフにする設定方法を教えてほしい。

こんな悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する「授業中バレずにiPhoneを使う方法」を実践すれば、スマホ使用が禁止されている学校でも、先生にバレずにiPhoneを使えるようになります。

なぜなら僕も、こちらの記事で紹介する方法を実践することで、授業中にiPhoneを使うことができたからです。

記事を読み終えていただければ、iPhoneをバレずに使うための設定が分かるので、じっくり読み込んでください。

なお、こちらの記事で解説する方法を実践しても先生にバレることがあるので、自己責任でお願いします。

授業中バレずにiPhoneを使うには?

学校内でのスマホ使用を禁止している学校でも「授業中にiPhoneを使えたらなぁ」と思う方は、たくさんいるかと思います。

結論から先に言ってしまうと、授業中バレずにiPhoneを使うことは可能です。

なぜなら僕も、これから紹介する方法を実践することで、先生に見つからずにiPhoneを使うことができているからです。

とはいえ、先生に絶対見つからないという保証はできないので、見つかった場合は自己責任でお願いします。

これから紹介する「授業中バレずにiPhoneを使う方法」を実践して、先生に見つからずにiPhoneを使っちゃいましょう。

通知音とバイブレーションを作動させないようにしよう!

iPhoneをバレずに使うためには、まず通知音とバイブレーションを作動させないようにする必要があります。

なぜなら通知音やバイブレーションが鳴ると、先生に見つかる可能性が高くなるからです。

僕の友達はiPhoneの通知音が鳴ってしまったために、授業中スマホを使っているのが先生にバレてしまいました。

ナマケモノ
ナマケモノ
iPhoneをバレずに使いたいなら通知音は鳴らなくしとかないといけないね!

大音量で通知音が鳴るとすぐにバレてしまうので、せめてiPhoneで通知音は鳴らさないようにしましょう。

授業中バレずにiPhoneを使う方法

iPhoneをバレずに使うためには、通知音とバイブレーションを作動させないことが大事だと分かったかと思います。

とはいえ、iPhone初心者だと「通知音とバイブレーションを鳴らさないためにはどうすればいいの?」と思うかもしれませんので、これから紹介していきます。

  1. 機内モードをオンにする
  2. バイブレーションをオフにする
  3. iPhoneをマナーモードにする

基本的には上記を実践することで、通知音とバイブレーションを作動させなくできます。

方法①:機内モードをオンにする

iPhoneで通知音を鳴らしたくないなら、機内モードをオンにしましょう。

機内モードをオンにするとiPhoneは通信できなくなるので、LINEなどネットに接続しないと届かないような通知は一切鳴らなくなります。

しかし機内モードをオフにすると、iPhoneが通信できなくて使い物にならなくなる上に、通知音が一切鳴らなくなるわけではないので危険です。

例えば、ネットに接続していなくても通知されるリマインダーなどは、機内モードをオンにしても普通に通知音が鳴ります。

機内モードをオンにしても通知音やバイブレーションが作動する恐れがあるので、あまりおすすめできない方法です。

方法②:バイブレーションをオフにする

iPhoneでは、設定でバイブレーションをオフにすることができます。

バイブレーションをオフにすれば、振動によってiPhoneを使っているのがバレるということがなくなります。

この方法を使えば、機内モードをオンにする必要がなくなる上に、先生に見つかる確率も低くなりますよ。

バイブレーションをオフにするための具体的な設定方法は、以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 『サウンドと触覚』を選択
  3. 『バイブレーション』の項目を全てオフにする

バイブレーションをオフにするだけでは通知音が鳴ってしまうので、iPhoneをマナーモードにした上で設定をオフにするといいですよ。

カエルちゃん
カエルちゃん
この方法を実践すれば、振動でiPhoneを使っていることがバレることはなくなるよ!

設定でバイブレーションを作動しないようにできたら、次はiPhoneをマナーモードにしましょう。

方法③:iPhoneをマナーモードにする

iPhoneをマナーモードにすれば、通知音でiPhoneを使っているのがバレることがなくなります。

Androidだとマナーモードにするのが難しいですが、iPhoneは本体のスイッチを切り替えるだけでマナーモードにできます。

僕は通知音が嫌いなので、常にiPhoneをマナーモードにしています。

実際にiPhoneをマナーモードにすれば、通知音は一切鳴らなくなるので便利ですよ。

マナーモードにしただけではバイブレーションが作動してしまうので、前項で紹介した設定方法も併せて実践しましょう。

ナマケモノ
ナマケモノ
これでiPhoneを使っているのがバレにくくなるよ!あとは自分の使い方次第だけどね。。

iPhoneをマナーモードにして、バイブレーションもオフにできたら、授業中スマホを使ってもバレにくくなりますよ。

まとめ:授業中バレずにiPhoneが使える!

この記事で解説した「授業中バレずにiPhoneを使う方法」を実践すれば、スマホ使用が禁止されている学校でも、先生にバレずにiPhoneを使うことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. バイブレーションをオフにする
  2. iPhoneをマナーモードにする

上記2つを組み合わせれば、通知音とバイブレーションが作動しなくなるので、iPhoneを使っているのがバレにくくなりますよ。

絶対に先生にバレないという保証はできないので、見つかったら自己責任でお願いします。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です