おすすめアプリ

『iPhoneを探す』を使って安否確認ができる?使い方と注意点

この記事では、iPhoneに標準でインストールされているアプリ「iPhoneを探す」の使い方について詳しく紹介します!

カエルちゃん
カエルちゃん
「iPhoneを探す」っていうアプリは知ってるけど、実際に使ったことはないんだよね。
ナマケモノ
ナマケモノ
それはもったいないよ!「iPhoneを探す」を使うことで、自分の端末の位置情報を知れたりすることができるから便利なんだよ!

「iPhoneを探す」の使い方を知っておくと、iPhoneを落としてしまったときなどに位置情報を確認できるので、とても便利です。

また、それだけでなく「iPhoneを探す」をうまく活用することで、より幅広い用途に使うことができます。

なので「iPhoneを探す」を、便利に活用する方法も紹介していきます!

それでは早速「iPhoneを探す」の使い方と便利な活用方法について見ていきましょう!

「iPhoneを探す」とは?

「iPhoneを探す」は、自分が使っているAppleの端末(おもにiPhone)の位置情報をほかの端末から調べることができるアプリです。

ほとんどの場合、iPhoneを落としてしまったときなどに「iPhoneを探す」を使うということが多いかと思います。

「iPhoneを探す」を使えば、自分のiPhoneが手元に戻ってくる確率がグッと高まるというわけです。

「iPhoneを探す」の使い方

他の人から借りたiPhoneから「iPhoneを探す」を起動すると、以下のような画面が表示されます。

そうしたらメールと書いてあるところに、自分のiPhoneのAppleID(メールアドレス)を入力しましょう。

AppleIDを入力するとパスワードを入力する枠が出てくるので、パスワードを入力してサインインしましょう。

この作業が完了すると、自動的に自分のiPhoneの位置情報を調べてくれます。

「iPhoneを探す」ではどんなことができる?

「iPhoneを探す」を使ってできることは以下の4つです。

  • 落としたiPhoneの位置情報を確認できる
  • 必要に応じてサウンドを鳴らすことができる
  • 端末をロックすることができる紛失モード
  • iPhoneのデータを削除

落とした端末の位置情報を確認できる

iPhoneを落としたと思ったら、まっさきに「iPhoneを探す」を利用したほうがいいと思います。

理由は「iPhoneを探す」を利用することで、iPhoneの位置情報を即座に知ることができるからです。

僕自身、何度かiPhoneを落としてしまった経験があります。

そんな時は友達のiPhoneを借りて、自分のiPhoneの位置情報を確認して見つけていました。

ナマケモノ
ナマケモノ
上の文章から分かる通り「iPhoneを探す」を利用したいときは、誰かにApple製品を借りる必要があるよ!

「iPhoneを探す」を使う場合、ほかの人からApple製品を借りる必要があります。

そのため、iPhoneを落としたときに、そばに誰もいなければ「iPhoneを探す」を使うことができないということに注意してください。

必要に応じてサウンドを鳴らすことができる

「さっきまでiPhoneが使っていたのに、どこにしまったか忘れてしまった」という経験がある方はいませんか?

「iPhoneを探す」では必要に応じて、自分のなくしてしまったiPhoneからサウンドを鳴らすことができます。

どこかにしまったのは覚えているけど、全く見つからないときはサウンドを鳴らしてみるといいかと思います。

カエルちゃん
カエルちゃん
これだけだったらiPhoneを使っている人じゃなくても、誰かに電話をかけてもらえばいい話だね!

紛失モードで端末をロックできる

「iPhoneを探す」には、設定に紛失モードと呼ばれるものがあります。

紛失モードにすると、自分のなくしてしまったiPhoneにパスコードロックをかけたり、連絡先やメッセージを表示させることができます。

なので、iPhoneを拾ってくれた人がメッセージを見て連絡先に電話をくれれば、iPhoneが自分の手元に戻ってくる確率が高まります。

ナマケモノ
ナマケモノ
拾ってくれた人が悪い人の場合もあるから、iPhoneにロックはかけておこうね!

また、拾ってくれた人が必ずしもいい人だということはないので、iPhoneにロックをかけられることは重要です。

もしiPhoneを落としてしまったら「iPhoneを探す」で、必ず端末にロックをかけるようにしましょう!

iPhoneのデータを削除

なくしてしまったiPhoneに会社の大事なデータが入っているという人は、iPhoneのデータを削除することも検討しなくてはいけません。

「iPhoneを探す」には、遠隔でiPhoneのデータを削除(初期化)する機能があります。

ナマケモノ
ナマケモノ
端末内の情報が悪用されるかもしれないときは、データの削除は最終手段として残しておこう!

できるだけ使いたくない機能ですが、拾った人にiPhoneを悪用されるかもしれない恐れがあるので、最終手段としてiPhoneのデータを削除するようにしましょう。

削除してしまったデータの復元はできないので、十分に考えてからデータを削除するかを決めましょう!

「iPhoneを探す」で安否確認?便利な使い方と注意点

「iPhoneを探す」は本来、なくしてしまったiPhoneを見つけることを目的としたアプリですが、位置情報を知ることができるという特徴を生かした、もっと便利な活用方法もあります。

それは「iPhoneを探す」の機能を生かして、安否確認をするというものです。

カエルちゃん
カエルちゃん
「iPhoneを探す」で安否確認ができるって本当なの?
ナマケモノ
ナマケモノ
iPhoneの位置情報を知ることができるから、安否確認ができるのは本当だよ!これから安否確認をする方法と注意点を教えていくね!

「iPhoneを探す」で安否確認をする方法

「iPhoneを探す」には、iPhoneの位置情報を確認できるという特徴があります。

その特徴を生かして安否確認をすることができます。

具体的に安否確認するには、安否確認したい人のiPhoneのAppleIDとパスワードを覚えておく必要があります。

もし、地震などの災害があった時に安否の確認が取れない家族がいたら「iPhoneを探す」にその人のAppleIDとパスワードを入力することで、安否確認をすることができます。

ナマケモノ
ナマケモノ
安否確認される側がiPhoneユーザーでないといけないから、そこは注意が必要だよ!

AppleIDとパスワードを教えるときの注意点

「iPhoneを探す」を使う上で注意していただきたいのは、安易にAppleIDとパスワードを教えないということです。

AppleIDは「iPhoneを探す」でなく、有料アプリの決済などにも使われる重要なものです。

なので、AppleIDを信用できない人に教えてしまうと悪用される恐れがあるので危険です。

もしAppleIDとパスワードを教えるという場合は、信用できる家族などにだけ教えるようにしましょう。

カエルちゃん
カエルちゃん
たとえ友達であっても、AppleIDを何に使われるか分からないから気をつけないとね!

まとめ

以上で「iPhoneを探す」の使い方と便利な活用方法についての説明は終わりです。

「iPhoneを探す」は、ただ単になくしてしまったiPhoneを見つけるだけでなく、ほかの用途にも使えるということは分かっていただけましたか?

便利な反面、使い方を間違えるとデータを悪用されたりして危険なので、注意点をしっかり守って使わないといけないです。

正しく使うことで便利に活用することができるので「iPhoneを探す」を試しに利用してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です