LINEモバイル

LINEモバイルはデータ繰越ができる!有効期限や注意点を徹底解説

ナマケモノ
ナマケモノ
大手キャリアにはデータ繰越があって便利だよね。最近は格安SIMのなかにもデータ繰越できるものが増えてきているよ!そのなかの一つにLINEモバイルがあるね。
カエルちゃん
カエルちゃん
へえ。大容量のプランを契約しているとデータ通信量があまるから、データ繰越があるのは良いね!

大手3キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)にはデータ繰越がありますが、格安SIMであるLINEモバイルにもデータ繰越があります。

データ繰越とは、契約している月々のデータ通信量を当月に使い切らなかった場合に、翌月に繰り越しできることです。

少ないデータ容量の場合でも使い切らなければ翌月に繰り越すことができるので、うまくやりくりすれば次の月にたくさんのデータ通信量を使うことができます。

そんなデータ繰越ですが、契約しているキャリア・格安SIMによって、繰り越したデータ通信量の使用期限などが決まっているので注意が必要です。

この記事では、LINEモバイルのデータ繰越の有効期限や注意点について紹介していきますね!

LINEモバイルのデータ通信量で繰り越しできないものは?

LINEモバイルには3種類のデータ通信量があります。

  • 料金プランに含まれているデータ通信量
  • 追加購入したデータ通信量
  • データプレゼントでもらったデータ通信量

実は、LINEモバイルにはデータ繰越ができないデータ通信量があります。

ナマケモノ
ナマケモノ
今月はデータ通信量が余ったから来月はたくさん使えると思っても、余っていたデータ通信量が繰り越せないものだったら、来月は通常通りのデータ通信量になるので注意してくださいね!

LINEモバイルの料金プランに含まれているデータ通信量は繰り越しできる

LINEモバイルで契約できるプランは3種類ありますが、そのなかのどれでもデータ通信量を繰り越すことができます。

例えば、LINEモバイルのなかで一番安いプランは「LINEフリープラン」で月々使えるデータ通信量は1GBです。

大手キャリアの場合、月々使えるデータ通信量が少ないプランだとデータ繰越できないのですが、LINEモバイルはどんなに月々のデータ通信量が少なくてもデータ繰越ができるのです。

カエルちゃん
カエルちゃん
データ通信量の少ないプランでも、うまくやりくりすれば次の月が楽になるってわけね!

LINEモバイルで追加購入したデータ通信量は繰り越しできる

料金プランに含まれているデータ通信量を使い切ったら通信速度が低速化されます。

通信速度の低速化を解除するための方法として、データ通信量の追加購入があると思います。

LINEモバイルは以下のデータ通信量を追加購入することができます。

500MB1GB3GB
500円1000円3000円

追加購入したデータ通信量は翌月に繰り越すことができるので、追加購入したのに使い切れなくてお金が無駄になったということもなくなりますよ!

LINEモバイルのデータプレゼントでもらったデータ通信量は繰り越しできない

LINEモバイルには独自のサービスとして「データプレゼント」があります。

このサービスは、LINEモバイルのユーザーかつLINEで友達の関係にある人から、データ通信量をもらったり・あげたりできるというものです。

LINEで友達でもLINEモバイルのユーザーである人は少ないと思うので、おもに一緒にLINEモバイルを契約している家族からデータ通信量をもらう人が多いです。

データプレゼントはとても便利なサービスではあるのですが、データ繰越することができないというデメリットがあります。

カエルちゃん
カエルちゃん
気づいたんだけど、お金がかかってるデータ通信量はデータを繰り越しすることができるんだね!

ここまで「データ繰越ができるデータ通信量の種類」について解説しましたが、分かりやすく説明すると、お金を使って手に入れたデータ通信量はデータ繰越ができるということになりますね。

>>LINEモバイルに申し込む

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルのデータ繰越の有効期限は?

LINEモバイルのデータ繰越の有効期限は大手キャリアと変わらず、翌月の末までとなっています。

データ繰越に興味を惹かれてLINEモバイルに契約した人にありがちなことは、残ったデータ通信量はいつまでも繰り越しされると考えてしまうことです。

ナマケモノ
ナマケモノ
繰り越しされたデータ通信量がまた余ったから、翌月に繰り越されると思うのは要注意!そんな仕組みだったら我慢すれば無限にデータ通信量が溜まっていくことになるからね。

あまったデータ通信量は翌月末までが有効期限なので、その期限までにデータ通信量は使い切っておくといいでしょう。

LINEモバイルのデータ通信量が消費される優先順位は?

データ繰越をうまく活用するためには、LINEモバイルのデータ通信量が消費される優先順位を知っておく必要があります。

LINEモバイルのデータ通信量が消費される優先順位は以下の通りです。

  1. 前月から繰り越しされた分
  2. データプレゼントでもらった分
  3. 契約している料金プランに含まれている分
  4. 追加購入した分

前月から繰り越しされた分からデータ通信量が消費されることがわかるかと思います。

繰り越しされたデータ通信量がギリギリのこる程度に使えば、契約している料金プランに含まれているデータ通信量はそのまま翌月にデータ繰越されます

なのでデータ繰越されたデータ通信量を少し残す程度に使うようにしましょう!

大手キャリアは、契約している料金プランに含まれているデータ通信量から消費されます。

LINEモバイルはデータ繰越された分から消費されるので、大手キャリアにはないメリット言えるでしょう!

まとめ|データ繰越をうまく活用しよう!

以上で、LINEモバイルのデータ繰越の有効期限や注意点についての説明は終わりです。

カエルちゃん
カエルちゃん
LINEモバイルは大手キャリアと同じようにデータ繰越ができるから良いね!
ナマケモノ
ナマケモノ
データ繰越できるデータ通信量の種類が決まっていることには注意してね!

データ繰越は月々のデータ通信量を無駄なく使うことができるので、あって損はないと思います。

LINEモバイルは、データ通信量が消費される優先順位がデータ繰越された分からと決まっているので、データ繰越されたデータ通信量をギリギリ使い切るくらいがうまい使い方と言えるでしょう。

LINEモバイルには、データ繰越できること以外にもメリットがあるので確認してみてください!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です