お悩み解決

スマホのバッテリーを長持ちさせる3つの方法【ちょっと工夫するだけ】

この記事では、スマホのバッテリーを長持ちさせる方法を3つ紹介します!

カエルちゃん
カエルちゃん
最近私のスマホの充電がすぐになくなるんだよね。。どうしたらいいの?
ナマケモノ
ナマケモノ
それはバッテリーが劣化してきているのが原因だね。スマホの充電がすぐになくならないようにしたいなら、バッテリーを長持ちさせる必要があるよ!

スマホを長く使っていると充電がすぐになくなるようになって困った経験はありませんか?

長く使えば使うほど、スマホを全くいじらないのに充電がすぐに切れるようになることはよくありますよね。

2年くらい使っていた僕の前のスマホは、なにもしていなくても1日で70%くらい充電がなくなるようになってしまって大変でした。

実は、スマホの充電がすぐに切れるようになるのは、バッテリーの劣化が原因なんです。

なので電池持ちをよくしたいなら、バッテリーを長持ちさせるように工夫しないといけないです。

とはいっても「バッテリーを長持ちさせるように工夫しないといけないって言ったって、どうすればいいのか分からない」という人は多いと思います。

なのでこの記事では「バッテリーを長持ちさせる3つの方法」を紹介していきます。

記事を読んだ後にすぐに実践できることなので、ぜひ最後まで読んでみてください!

スマホのバッテリーを長持ちさせるには?

スマホのバッテリーを長持ちさせる上で重要なのは「充電スピードと充電回数」になります。

充電スピードは短ければ短いほど、バッテリーにかかる負担を減らすことができます。

充電回数に関しては、スマホのバッテリーが劣化し始めるのが大体500回~1000回充電した時だと言われているので、できるだけ充電回数を減らしたほうがいいです。

※スマホのバッテリーを長持ちさせるのに充電回数は関係ありません。

「充電スピードと充電回数」を考慮した、バッテリーを長持ちさせる方法は以下の3つになります。

  • スマホを使いながら充電しない
  • 充電は1日に1~2回までにする
  • 急速充電器を使う

①スマホを使いながら充電しない

スマホを使いながら充電するのはやめるようにしましょう。

大事なことなので何度も言いますが、バッテリーを長持ちさせる上で重要なのは「充電スピードと充電回数」です。

スマホを使いながら充電すると、電気を消費しながら充電するという状況になるので充電スピードが遅くなってしまいます。

また、充電しながら高負荷のアプリを使うとスマホ本体が熱くなって、バッテリーの劣化が速まるので注意しましょう。

カエルちゃん
カエルちゃん
どうしてもスマホを使わなければいけないときは別にいいよね?
ナマケモノ
ナマケモノ
まあ仕事とかで使ってるスマホならしょうがないかもね!

仕事などで使っているスマートフォンなど、どうしても常に確認しなければいけないという場合はしょうがないです。

また、アラームをかける場合など、少ししかスマホを使わないなら充電しながら使っても大丈夫です!

②充電は1日に1~2回までにする

充電は1日に1~2回までに抑えるようにしましょう。

スマホのバッテリーが劣化し始めるのは500回~1000なので、できるだけ1日の充電回数は抑えたほうがいいのです。

カエルちゃん
カエルちゃん
最近はまってるオンラインアプリが面白くてすぐに充電なくなっちゃうんだよね!
ナマケモノ
ナマケモノ
だめだめ!オンラインアプリをするにしても時間を決めようね!じゃないとバッテリーの劣化が進んじゃうよ。。

スマホに高負荷のかかるオンラインゲームアプリなどを使っていると、あっという間に充電がなくなってしまいます。

そうなると1日に何回も充電することになりますし、ゲーム中毒になっている人だと充電しながらアプリをすると思うので、バッテリーの劣化が格段に速くなってしまいます。

最近のスマホは基本的に1回の満充電で1日以上は使えるようにできています。

1日に何回も充電するという人はスマホの使い方が悪いので、できるだけスマホに依存しないように心がける必要があります。

少しでもバッテリーの劣化を遅らすために、スマホの充電は1日に2回までにするようにしましょう!

※スマホのバッテリーを長持ちさせるのに充電回数は関係ありません。

なぜなら、スマホの充電サイクルは0%から100%までの充電を1回と数えるからです。

詳しくはこちら「スマホを長持ちさせる方法」をご覧ください。

③急速充電器を使う

スマホの充電スピードを速くするために急速充電器を使うのも、バッテリーを長持ちさせる方法です。

急速充電器は普通の充電器と比べて、電力が大きいので充電スピードがアップします。

充電スピードが速くなるとスマホのバッテリーにかかる負担を減らすことができるので、結果的にバッテリーを長持ちさせることができるのです。

スマートフォンの中には「クイック・チャージ」という急速充電機能があるものもあります。

クイック・チャージ機能があるスマホに専用の急速充電器を使うと、充電スピードが尋常じゃないくらい速いです。

充電スピードを速めるだけでもバッテリーの劣化を遅らせることができるので、スマホのバッテリーを長持ちさせたいなら急速充電器を買ってみるのもありです!

おすすめの急速充電器は?

ぼくが最もオススメするのは「Anker」の充電器です。

Ankerの充電器は「クイック・チャージ」に対応していないものもありますが、Anker独自の急速充電技術「PowerIQ」があるので充電スピードは速いです。

カエルちゃん
カエルちゃん
PowerIQってなに?急速充電は問題なくできるんだよね?
ナマケモノ
ナマケモノ
もちろん充電スピードめっちゃ速いよ!PowerIQについてはこれから説明するからね!

Anker独自の充電技術である「PowerIQ」は、接続された機器それぞれに適切な電力を与えてバッテリーに影響を与えずに急速充電できるというものです。

自分の使っている端末に合った電力を流してくれるので、充電によるバッテリーの劣化を抑えることができるのでおすすめですよ!

まとめ

  • スマホのバッテリーを長持ちさせるうえで重要なのは充電スピードと充電回数
  • バッテリーに負荷をかけないためにながらはスマホはやめるようにしよう!
  • バッテリーの劣化を遅らせるために充電回数は1日2回までとしよう!
  • 充電スピードを速めるために急速充電器を使ってみよう!

以上で「スマホのバッテリーを長持ちさせる3つの方法」についての説明は終わりです。

スマホのバッテリーは充電していくたびに劣化していくので、新品のスマホでもいつかは充電がすぐになくなるようになります。

バッテリーの劣化は避けられないことですが、劣化を遅らせることはできます。

なのでこの記事では、バッテリーの劣化を遅らせて長持ちさせるようにする方法を紹介しました。

ちょっとした工夫でバッテリーの劣化を遅れせることができるので、この記事に書いてあることを参考にしてみてください!

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です