お悩み解決

スマホの液晶画面を割ってしまったときの対処方法は3つ

悩む人
悩む人
スマホの画面が割れたらどう対処すればいいの?割れたときの修理はどこに頼めばいいの?スマホを割らないためにはどうしたらいい?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

スマホの画面は意外と割れやすくて、ちょっと落としただけでも液晶に大きなヒビがはいることがあります。

うっかり落としてスマホの画面が割れてしまっても、どう対処していいかわからないですよね。

そこでこの記事では「スマホの画面を割ってしまったときの対処方法」を具体的に解説します。

記事を読み終えていただけると、スマホの画面を割ってしまっても悩むことがなくなり、自分で解決策を導き出せるようになりますよ!

スマホを割ってしまったときの対処方法3つ

スマホを割ってしまったときの対処方法は以下の3つです。

  1. スマホに保護フィルムを貼ってそのまま使う
  2. スマホを修理する
  3. 売って新しいスマホに買い替える

いきなりスマホが割れると対処法が分からず放置してしまいがちですが、この記事に書いてあることを覚えれば大丈夫です。

対処方法1:スマホに保護フィルムを貼ってそのまま使う

スマホの画面が割れたとしてもタッチして反応するなら、保護フィルムを貼って応急処置しておくといいです。

タッチには反応するので「そのまま使い続けてもいいのでは?」と思うかもしれませんが、液晶画面はガラスなので割れたまま使うと指が切れてしまいます。

保護フィルムを貼れば、指が傷つくことを防ぐことができます。

しかし、スマホが割れると表面がデコボコしてしまうので、普通の保護フィルムだと気泡がたくさん入ります。

気泡が入ると、見た目が悪くなる上にタッチの感度も悪くなってしまうので、普通の保護フィルムで応急処置するのはおすすめしません。

スマホが割れたときの応急処置としておすすめできるのは「スマホの絆創膏」です。

スマホ専用の絆創膏がおすすめ!

スマホが割れてしまったら、スマホ専用の絆創膏を貼るのがおすすめです。

なぜなら、スマホの絆創膏を貼ると画面のヒビが目立たなくなる上に、細かい傷を修復してくれるからです。

スマホの絆創膏とは名前から分かる通り、スマホが割れてしまったときに使う専用の保護シートのことです。

貼ってすぐは普通の保護フィルムと同じように気泡がたくさん入りますが、2日くらい経つと自然と消えていきます。

絆創膏を貼っていれば、画面が割れたスマホをそのまま使っても指が傷つくことないのでいいですよ。

対処方法2:スマホを修理する

スマホの画面が割れてタッチしても反応しなくなったら修理に出す必要があります。

なぜなら、タッチしても反応しないということはスマホが使えなくなりますし、重要な仕事のデータなども取り出せなくなるからです。

日常的に使うスマホが急に使えなくなったら生活は一気に不便になってしまいます。

スマホをタッチしても反応しなくなったら、必ず修理に出すようにしましょう。

修理費用は高い?

スマホの画面を修理するときの費用は大体5,000円から10,000円程度です。

画面を修理するだけですが、価格はとても高い設定になっています。

しかし、スマホの画面が反応しないなら修理するしかありません。

カエルちゃん
カエルちゃん
それなら機種変更すればいいんじゃないの?

大手キャリアは2年縛りがあり、契約期間の2年を過ぎないうちに機種変更をすると違約金がかかってしまいます。

契約期間が2年を超えているのなら機種変更してもいいですが、超えていないなら修理に出しましょう。

修理専門のショップに頼むのがおすすめ

大手キャリアの保険オプションやAppleCareに加入していないなら、スマホの修理専門ショップに頼むのがおすすめです。

なぜなら、保険オプションに加入していないと修理代金が全額かかってしまい、多いときだと数万円も払うことになるからです。

保険加入時の修理代金と比べたら、修理専門のショップのほうが高いです。

しかし、修理代金は通常よりも少し安くなっていますし、なによりスマホが手元に戻ってくるまでの期間が短いです。

ナマケモノ
ナマケモノ
仕事でスマホを使っている人はすぐに直さないといけないからね!

大手キャリアでは2週間ほどかかるのに対して、修理専門ショップなら数時間程度で修理が終わります。

保険に加入していない方や「早く修理してほしい」という方は、修理専門ショップに頼みましょう。

対処方法3:売って新しいスマホに買い替える

割れてしまったスマホを売って、新しいスマホを購入するという方法もあります。

個人的には、この対処方法が1番おすすめです。

ナマケモノ
ナマケモノ
わざわざお金を払って修理するよりは、新しく買ってしまったほうがお得なんだよ!

なぜなら、高い修理代金を払って古いスマホを使い続けるよりは、新しいスマホにしたほうがコスパが良いからです。

画面が割れていてもスマホは売れる

少し価値は下がってしまいますが、割れたスマホでも売ることはできます。

なぜなら、スマホが割れていても自分で直せば問題なく使うことができ、需要があるからです。

iPhoneのような人気のある機種だと、画面が割れていても意外と高く売れよ。

2年契約を終えているなら下取りで機種変更するのがおすすめ

大手キャリアに契約していて2年契約を過ぎているのなら、下取りに出して機種変更するといいです。

なぜなら、割れたスマホの下取りで月額料金が安くなる上に、最新のスマホが使えるからです。

高い修理代を払って今までのスマホを使うよりは、新しいスマホを安く使えたほうが断然お得です。

2年契約を過ぎたスマホの画面が割れたら、迷わず機種変更しましょう。

まとめ|スマホを割ったときの対処方法は3つ!

この記事で紹介した「スマホの画面が割れたときの対処方法」を実践すれば、スマホの画面を割ってしまっても悩むことがなくなり、自分で解決策を導きだせるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  1. スマホに保護フィルムを貼ってそのまま使う
  2. スマホを修理する
  3. 売って新しいスマホに買い替える

スマホの画面が割れてしまっても、タップして反応するなら保護フィルムを貼ってそのまま使ってもかまいません。

タップしても反応しない場合はデータを取り出せなくなってしまうので、修理するか買い替えるかして対処してください。

スマホの液晶画面が割れたときの対処方法を確認したら、次はスマホを割らないための工夫をしましょう!具体的に学びたい方は「スマホを落とさないようにする方法」にも目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です