お悩み解決

スマホをお風呂で使うときの注意点は3つ

悩む人
悩む人
スマホをお風呂でも使いたい。お風呂でスマホを使ってはいけないと言われてるけどなんで?スマホをお風呂で使うときの注意点はある?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

スマホを使っているといくらでも暇をつぶせて、お風呂でも使いたいと思うようになる方もいます。

お風呂で使いたいと思っていても、スマホが水没しないか心配だからできないですよね。

そこでこの記事では「お風呂でスマホを使うときの注意点」を具体的に解説します。

記事を読み終えていただければ、お風呂で使うときに注意しなければいけないことが分かり、安心してスマホを使うことができるようになりますよ!

スマホをお風呂で使うことをおすすめしない理由

お風呂でスマホを使うことはあまりおすすめできません。

なぜなら、いくら防水性能のあるスマホでも水没する危険性は少なからずあるからです。

ナマケモノ
ナマケモノ
防水スマホだからって油断していると水没するから気をつけてね!

防水ケースを使っていたとしても同様に、ケースの破損などで防水性能が低下して水没する危険性があります。

防水スマホは水に浸したくらいで水没することはないですが、お風呂の浴室と他の部屋との寒暖差で結露が発生して水没することがあります。

なので、お風呂で使うときの注意点は解説しますが、すべて自己責任ということで読み進めてください。

防水スマホでも水没したら保険がきかない

たとえ防水スマホであったとしても、水没したら保険の対象外となります。

なぜなら、意図的にスマホを壊した場合は保険が適応されないからです。

カエルちゃん
カエルちゃん
防水スマホだったら水没するなんて思わないよね?防水性能の欠陥ってことで保険金もらえないの?

防水スマホの防水性能は「日常生活で雨などに濡れたり、うっかり洗面台の落としてしまったとき」を想定されており、お風呂での使用は考えられていないのです。

お風呂でスマホを使用することは意図的ということで、保険がきかなくなるのです。

水没しないように気をつけてスマホを使おう

スマホをお風呂で使いたいなら、水没しないように細心の注意を払って使用してください。

日常的に使っているスマホが壊れてしまってはいけないので、水没させてはいけません。

先程説明した通り、スマホの水没は保険の対象外なので修理費用が高くなってしまいます。

どうしてもお風呂でスマホを使いたいなら、水没させないように気をつけましょう。

スマホをお風呂で使うときの注意点

防水スマホや防水ケースをつけているスマホなら、お風呂で使っても問題ありません。

しかし、お風呂でスマホを使うときにはいくつかの注意点を必ず守らなければいけないです。

注意点を守らないと、防水性能のあるスマホでも水没する危険性が高まります。

お風呂でスマホを使う際に注意してほしいことは以下の3つです。

  • 防水スマホでも浴槽には入れない
  • お風呂を上がってすぐは充電しない
  • 防水ケースは丈夫なものを使う

防水スマホでも浴槽には入れない

防水性能のあるスマホであっても浴槽には絶対に入れないようにしてください。

なぜなら、スマホの防水性能は真水を対象としていることがほとんどであり、温かいお湯などに浸されることは想定されていないからです。

ナマケモノ
ナマケモノ
水なら大丈夫でもお湯はダメなんだよ!

お風呂は温かいだけでなく入浴剤が入っていることもあるので、防水性能の対象である真水とはかけ離れています。

そのため、お風呂だとスマホの防水性能が耐えきれず、水没してしまう危険性があるのです。

防水スマホでも水没する危険性があるので、お風呂の浴槽には絶対に入れないでください。

お風呂を上がってすぐは充電しない

お風呂を上がってすぐにスマホを充電するのは危険なのでやめましょう。

なぜなら、お風呂で使ったスマホが乾かないうちに充電すると、充電端子に残った水滴が原因でショートしてしまうことがあるからです。

カエルちゃん
カエルちゃん
ショートでスマホが壊れるとデータが復元できなくなることがあるよ。。

ショートすると水没したときと同じでスマホ本体が壊れて使えなくなってしまいます。

お風呂上がりすぐのスマホの充電は、危険なので少し時間を置いてからするようにしましょう。

防水ケースは丈夫なものを使う

100円ショップに売っているスマホの防水ケースは使わないほうがいいです。

なぜなら、安い防水ケースはすぐに破損してしまい、防水のはずなのに水没したということがあるからです。

実際に、防水ケースをつけていたのに水没してしまったという人は多く、そのほとんどが安いケースを使っていました。

価格が高いから絶対に水没しないということはありませんが、高い防水ケースのほうが防水性能が良いのでおすすめです。

安い防水ケースでは水没する危険があるので、防水性能の高いケースを使うようにしましょう。

まとめ|スマホをお風呂でも楽しもう!

この記事で紹介した「お風呂でスマホを使うときの注意点」を覚えておけば、お風呂で使うときに注意しなければいけないことが分かり、安心してスマホを使うことができるようになります。

最後にもう一度、注意点を確認しましょう。

  • 防水スマホでも浴槽に入れない
  • お風呂を上がってすぐは充電しない
  • 防水ケースは丈夫なものを使う

注意点を守ればスマホが水没する可能性は格段に下がります。しかし、絶対に水没しないということはありえないので自己責任でお願いします。

スマホをお風呂で使うときの注意点を覚えたら、次はスマホの防水性能について学びましょう!具体的には「防水スマホでも水洗いはだめ!?水没させないための注意点とは?」に書いているので目を通しましょう。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です