スマホ周辺機器

スマホの保護フィルム・ガラスの選び方|タイプ別の特徴とは?

カエルちゃん
カエルちゃん
スマホに保護ガラスを貼ろうと思うんだけど、いろんな種類があってどれを選べばいいのか分からないわ。それぞれの種類にどんな特徴があるのか教えて!
ナマケモノ
ナマケモノ
確かに保護ガラスとかって種類多いから、どれを選ぶか迷うよね。特徴を覚えておけば選ぶのに困らないから教えてあげる!

スマホの保護フィルムや保護ガラスには、さまざまな種類のものがあって迷ってしまいますよね。

しかし、それぞれの種類の特徴さえ覚えておけば、自分に合った保護フィルム・ガラスを選ぶことができるようになります。

そこでこの記事では、スマホの保護フィルム・ガラスのタイプ別の特徴を紹介します。

記事を読み終えれば、自分に合った保護フィルム・ガラスの選び方を知ることができますよ!

保護フィルムの特徴

保護フィルムには

  • 安い
  • タッチ感度が落ちにくい
  • ケースに干渉しにくい

といった特徴があります。

安価でタッチ感度が落ちにくいので一見するとメリットしかないように思えますが、気泡が入りやすいというデメリットがあります。

保護フィルムを貼るのがうまい人なら問題ないのですが、はじめて保護フィルムを自分で貼るのは難易度が高いので、携帯ショップの店員さんなどに頼むといいですよ!

保護フィルムを貼っていてもスマホを落としたら割れてしまうので、よくスマホを落とすという人は保護ガラスのほうを選んだほうがいいです。

保護ガラスの特徴

保護ガラスの特徴には

  • 傷や衝撃に強い
  • 高い
  • 貼りやすい

といった特徴があります。

保護フィルムよりも保護ガラスのほうが圧倒的に傷や衝撃に強いので、スマホを画面から落としても割れることはありません。

保護ガラスは気泡が入りにくいので、はじめてスマホに貼るという人でもきれいに仕上がります。

保護フィルムと比べると厚みがあるので、スマホケースに干渉しないか確かめてから選ぶようにしましょう!

保護フィルム・ガラスの種類

保護フィルム・ガラスの種類
  • 光沢タイプ
  • マットタイプ
  • 覗き見防止タイプ
  • ブルーライトカットタイプ

光沢タイプ

表面がツルツルで光が反射しやすいという特徴があります。

このタイプの保護フィルムは、スマホに貼ったとしても画面が見にくくなってしまうということがありません。

光を反射するという特徴があるので、太陽光が直接当たるような場所では光が反射してスマホが使いにくくなってしまいます。

ナマケモノ
ナマケモノ
光沢があると指紋が目立ちやすいというデメリットがあるんだよね。。

また、指紋が目立ちやすいので定期的にクリーナーで汚れをふき取る必要があります。

スマホの高級感をさらけ出したい人は、光沢タイプの保護フィルム・ガラスを選ぶといいです。

マットタイプ

アンチグレアフィルムと一般的に呼ばれているタイプです。

マットタイプは表面がサラサラしているので、スマホの操作がしやすいです。

ナマケモノ
ナマケモノ
スマホってお風呂上りとか操作しにくいけど、マットタイプなら楽々操作することができるんだよ!

手汗が出ていても操作しやすいので、とくにゲームをよくやる人におすすめのタイプだと言えます。

ただ、スマホの画面が光沢タイプと比べて不鮮明になってしまうので注意してください!

覗き見防止タイプ

名前の通り、スマホを電車などで覗き見されないようにするタイプの保護フィルム・ガラスです。

会社のスマホで、見られてはいけない情報を取り扱っているという人におすすめのタイプです。

カエルちゃん
カエルちゃん
電車で隣の人から覗き見されることがないのはいいね!

安いものだと、横から見た時に少し画面が不鮮明になるだけという保護フィルム・ガラスもあるので気をつけてください。

逆に、価格が高いものほど覗き見防止効果が高い傾向にあります。

覗き見防止の効果が高いものほど、正面から見た時も画面が暗くなってしまう恐れがあるので注意してくださいね!

ブルーライトカットタイプ

眼精疲労の原因となるブルーライトを軽減してくれるタイプになります。

カエルちゃん
カエルちゃん
最近スマホの見すぎで眼が疲れてるから、ブルーライトカットの保護フィルム・ガラスもいいな。。

寝る前にスマホを見ると、ブルーライトの影響で寝つきが悪くなることはよく言われていますよね。

このタイプでは名前の通りブルーライトをカットしてくれるので、スマホを見ていても目が疲れにくくなります。

昼間はデスクワークで忙しいという人は、ブルーライトカットの保護フィルム・ガラスを貼って、少しでも目の疲れを軽減してあげましょう!

話題の塗る保護ガラスとは?

塗るタイプの保護ガラスが発売されて話題となっています。

カエルちゃん
カエルちゃん
塗るってことは気泡が入らないのか!

名前の通り、塗ってスマホ画面をコーティングするので気泡が入る心配はゼロです。

気泡は入りませんが、人によっては塗りムラができてしまう場合もあります。

価格が高いので、購入したら失敗しないように気をつけてくださいね。

自分で好みの厚さ・硬度に仕上げることができるので、新しいタイプを試してみたいという人は塗るタイプも視野に入れてみるといいでしょう。

まとめ

以上で、スマホの保護フィルム・ガラスのタイプ別の特徴についての説明は終わりです。

カエルちゃん
カエルちゃん
いろんなタイプの保護フィルム・ガラスがあって逆に迷っちゃうよ。。
ナマケモノ
ナマケモノ
そんなときは自分がスマホをどのように使うのかを考えてみると、どれを選べばいいのかわかるはずだよ!

保護フィルム・ガラスのタイプには、いろいろな特徴があることがわかっていただけたかと思います。

この記事で紹介したタイプの中から、自分に最も合っていると思う保護フィルム・ガラスを選んで買ってみると間違いないと思います。

自分の使用用途に合った適切な保護フィルム・ガラスで、自分の使っているスマホを保護しましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です