Android

知らぬ間にスマホの保護ガラスが割れていたので原因を考えてみた

ナマケモノ
ナマケモノ
温泉がたくさんある観光スポットに行ったんだけど、知らない間にスマホの保護ガラスが割れちゃってた。落としたり衝撃あたえたりしてないのに割れたのはなんでだろう?

こういった疑問が解決できる記事になっています。

先日ある観光スポットに行ったところ、ポケットに入れていたスマホの保護ガラスが勝手に割れました。

スマホ本体の画面が割れなかったのが不幸中の幸いでしたが、保護ガラスがどうして割れてしまったのか気になったので、この記事では保護ガラスが割れた原因として考えられることを解説していきます。

僕のような事例は珍しいですが、絶対にそうならないとは限らないので、じっくり読み込んでおいてください。

落としてもいないのに保護ガラスが割れた?

だいぶ前の話になりますが、ある温泉街に行った帰りに、当時使っていたXperiaを見たら保護ガラスが割れていました。

スマホを落としたりして衝撃を与えたわけでもないのに、いつのまにか保護ガラスが割れていたんです。

画面が割れたわけではないのでその時は安心しましたが、今になって「どうしてあの時保護ガラスが割れてしまったんだ?」と感じるようになったので、自分なりに考察してみました。

結論から先に言ってしまうと、スマホの保護ガラスが割れたのは、暑い温泉街にいたのが原因だと考えられます。

僕と同じ経験をしたことがあるという方は少ないと思いますが、少数の人が参考できるように解説させていただきます。

保護ガラスが割れた原因

原因として考えられたのは、以下の2つです。

  1. スマホが熱くなりすぎた
  2. 蓄積されたダメージが限界値を超えた

原因について詳しく解説する前に、まずはスマホの保護ガラスが割れた時の状況を説明します。

僕は保護ガラスが割れた日、旅行で温泉街に行っていたのですが、火山地帯ということもあり暑い環境で長い時間過ごしていました。

カエルちゃん
カエルちゃん
温泉旅行なんて羨ましいなあ。

観光スポットでもあるので、当時使っていたXperiaはポケットに入れて、周辺を散歩していたのを覚えています。

それで保護ガラスが割れていたのに気づいたのは、観光スポットを散歩し終えて帰る時でした。

Xperiaを落としたわけでも、衝撃を与えてしまったわけでもありません。何もしていないのになぜか割れていたのです。

原因①:スマホが熱くなりすぎた

まず1番有力な原因として考えられたのは、スマホが熱くなりすぎたことにより、ガラスが割れたのではないかということです。

みなさんもご存知の通り、ガラスは熱に弱く、熱くなりすぎると耐えられなくなって割れてしまうことがあります。

ガラスでできたコップを電子レンジに入れるのはダメですよね。熱くなってバキバキに割れますから。

スマホの保護ガラスも形状がコップとは違えど、同じガラスなので熱には弱いです。

保護ガラスが割れたとき、僕は暑い火山地帯にいました。そのうえ熱が逃げにくいポケットにスマホを入れていた。

これが原因となって、スマホとスマホに貼っていた保護ガラスが高温になりすぎて、知らないうちに割れてしまったのではないかと考えました。

熱くなりすぎて割れるのだとしたら、真夏の猛暑日に車でスマホを放置することでも、保護ガラスが割れる可能性があります。

僕のような事例は少ないかと思いますが、車放置で知らぬ間にスマホ・保護ガラスが割れたという人は、多いのではないでしょうか?

カエルちゃん
カエルちゃん
いやいや多くはないと思うよ!そんな簡単に割れないだろうよ!

保護ガラスのほとんどは、飛散防止加工がされているので安全ですが、割れたまま使い続けるのは危険です。

できるだけ保護ガラスを長く使うためにも、スマホを高温の環境で放置するのは、やめるようにしましょう。

原因②:蓄積されたダメージが限界値を超えた

先程保護ガラスが割れた原因はスマホが熱くなりすぎたことだと説明しましたが、それだけでは納得いかなかったです。

自分の考えなのでなんとも言えませんが、たぶん今までのダメージが蓄積されていたのも重なって、保護ガラスが割れるという事象を起こしてしまったのだと、最終的な結論に至りました。

ただ熱くなりすぎただけで保護ガラスが割れるのなら、僕と同じ悩みを持っている方はたくさんいるはずです。

それなのに、僕の周りに同じような経験をしたことがある人は誰もいませんでした。

カエルちゃん
カエルちゃん
だよねえ。熱くなりすぎただけで割れるのはおかしいもん!

他の人と自分との違いを考え出してみた結果、他の人よりも保護ガラスにダメージが蓄積されていたのではと考えました。

この考えが当たりかどうか定かではありませんが、可能性としては1番有力な原因です。

保護ガラスを割れたまま使うのは危険なので、割れた原因が分かってスカッとできたら、必ず張り替えるようにしてください。

まとめ:保護ガラス貼っといてよかった

この記事では「保護ガラスが勝手に割れた原因」を個人的に考えて、解説させていただきました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

  • スマホが熱くなりすぎた
  • 保護ガラスにダメージが蓄積されていた

保護ガラスが勝手に割れてしまう理由を考えてみた結果、上記の2つが原因として挙げられました。

僕の場合、ダメージが蓄積されているにもかかわらず、高温の場所で熱の逃げにくいポケットにスマホを入れておいたのは、本当に反省すべきことでした。

同じような経験をしないためにも、保護ガラスを貼っているスマホは、高温の場所に放置しないようにしましょう。

なんにせよ、保護ガラスを貼っておいてよかったです。スマホには保護ガラスを貼ることを推奨します。

関連記事:スマホを落とさないようにする方法|画面を割らないためには?

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です