ニュース

トヨタとソフトバンクが提携、合併会社設立の理由を考えてみた!

トヨタ自動車とソフトバンクグループが2018年10月4日、合併会社である「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)株式会社」を設立することを発表しました。

僕はこのことをリアルタイムで知ったわけではなく、朝のニュース番組で知りました。まさかあのトヨタとソフトバンクが提携するなんて思ってもみませんでした。なんてったって、トヨタとソフトバンクは仲が悪いと言われていましたもんね。

仲が悪いといわれていたトヨタとソフトバンクがなぜ、合併会社を設立するまでに至ったのか個人的に気になったので記事にして書いてみました。

まずはじめに、合併会社であるMONETの事業内容がどういったものなのかを具体的に説明していきたいと思います。

MONETの事業内容は?

MONETは出資比率がソフトバンク50.25%、トヨタが49.75%となっていて、代表取締役社長兼CEOにソフトバンクの宮川潤一が、代表取締役兼COOにトヨタの柴尾嘉秀が就任するようです。

出資比率はほぼ半分半分といったところでしょうか。ソフトバンクで副社長を務めている宮川潤一が代表取締役社長兼CEOに就任するというのが印象に残りました。

MONET社は、トヨタのモビリティサービスとソフトバンクの IoT技術を組み合わせ、車と人の動きのデータを活用するMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)事業を2018年度内にも開始するようです。

事業の目的は「交通事故を起こさない自動運転の実現」が第一に考えられています。トヨタはもともと2020年の東京オリンピックで選手を運ぶであろうe-Pallet(イーパレット)」というモビリティサービスを発表していました。

イーパレットはもともと自動運転のサービスなのですが、交通事故が起きるのではないかという問題があったため、ソフトバンクのIoT技術を取り入れたかったのではないかと思います。

MONET社設立で起こりうること

もし本当にMONET社が「交通事故を起こさない自動運転」が実現されたら、必然的に現在の自動車は姿を消していくと思います。

ただ、車両を発表する際に「交通事故が全く起きません」と説明されても普通の人は信じてくれないので普及には時間がかかると思います。

なので仮に「交通事故が全く起きない自動運転」が実現されたとしたら、それを一般の人々に知っていただくためにもさまざまなテストが必要ですね。いずれにせよ、実現したら人々の暮らしをより豊かにしてくれると思います。

MONET社はスマートフォンで乗り合い車両を呼ぶなどの「オンデマンドモビリティサービス」も2020年までに展開する予定です。

上記サービスを実現するためにソフトバンクの技術を利用したアプリなどの開発もされるのではないでしょうか。

アプリがもし出るとしたら、乗り合い車両を呼ぶことはもちろん「いつ・どこで・どこまで移動したのか・金額は何円だったのか」が記録されるようになると思います。

また、イーパレットの紹介動画で自動無人運転に加えて、電子マネーでの決済もできると言われているのでスマートフォンでのアプリ決済もできるようになると思います。

そうなれば生活の利便性が増し、より近未来的な生活に近づくようになると思います。MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)事業はもともと地方向けのものです。なのでイーパレットの全自動移動店舗ができたとしたら、人のいない過疎地域でも豊かな暮らしになりますね。

トヨタとソフトバンクが組んだ理由

もともとトヨタとソフトバンクは仲が悪いといわれていました。なのになぜ、トヨタとソフトバンクは合併会社をつくったのでしょうか?

その理由はイーパレットにあると思いました。イーパレットはこれからMONET社のキーとなる自動運転車両です。

イーパレットのコンセプトは「交通事故を起こさない自動運転」です。それを実現するためには、 IoT技術に優れているソフトバンクと組むしかなかったのだと思います。

イーパレットの活躍場所は?

イーパレットは特に、人の少ない過疎地域で活用することになります。例えばコンビニもないような場所に定期的に来る「移動コンビニ」などです。日本人の高齢化が進んでいることは皆さんもお分かりかと思います。

イーパレットの活躍場所
  • 過疎地域に向かう移動コンビニ
  • 病院へ行く前に車両の中で問診

過疎地域に住んでいる高齢者の人数は多く、コンビニやスーパーなどの販売店が遠くて買いに行けないという人が多いのです。そういった問題を解決するために最近は、移動販売サービスが増えてきていますが、いずれも人件費というコストがかかってしまいます。

イーパレットなら自動無人運転なので人件費もかからない上に定期的に、過疎地域にも出回るようになるので高齢者にとっても便利になるというわけです。

まとめ

以上で「トヨタとソフトバンクが合併会社を設立した理由」を終わりにします。

MONET社のイーパレットが実現されれば、人々の暮らしはより豊かなものになるというのはお分かりいただけたかと思います。

ただ、過疎地域に住んでいる高齢者の家にインターネットの環境がなければ、イーパレットが実現しても利用されることはないので、そうした問題を解決していくことが今後のMONET社の課題になると思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です